「FBメッセンジャーのチャット・写真は全て検閲」遂にザッカーバーグが認める! もっとヒドいのはグーグルとの指摘も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 このような検閲行為、悪く言えば個人情報の覗き見は、ツイッターやフェイスブックなどのSNSサイトにとどまらない。3月29日付の英紙「Daily Mail」の記事よると、アイルランドのウェブディベロッパー、ディラン・カラン氏が、「https://takeout.google.com」から、全てのグーグルサービスの履歴をダウンロードしたところ、“グーグルはさらにひどい”ことが明らかになったという。

「FBメッセンジャーのチャット・写真は全て検閲」遂にザッカーバーグが認める! もっとヒドいのはグーグルとの指摘も の画像2保存されていたカラン氏のネット閲覧履歴「Daily Mail」より引用

 グーグルからダウンロードされたデータ量は5.5GBにも上り、その中には、検索履歴、ダウンロード履歴、ロケーション履歴、アプリの使用履歴、ユーチューブの閲覧履歴、過去にスマホで撮影した写真まで、“削除したものも含めて”、あらゆる履歴が保存されていたというのだ!

 これらの履歴を完全に消すためには、「マイアクティビティ」から、使用デバイス毎に削除する必要があるそうだが、多くの人はここまでしないと履歴が消えないなど知らないだろう。

 情報漏えい事件以降、フェイスブックアカウントの削除が呼びかけられているが、グーグルがこれほどの個人情報を手にしているならば、焼け石に水かもしれない。我々にプライバシーはないのだろうか……?
(編集部)


参考:「The Independent」、「Daily Mail」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。