【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 90年代、テキサス州ダラスは安定した経済成長を続けるサウスウエストの都市として活気づいていた。一方で犯罪率も高く、1991年にダラスで発生した殺人事件は500件をゆうに超える。

 中でも南側に位置するオーク・クリフの治安は最悪で、犯罪、売春、薬物売買の温床となっていた。真っ昼間からオーク・クリフで客を探す売春婦たちの多くが薬物依存問題を抱えていた。25ドルでセックスを提供し、薬を買ってハイになり、薬がきれるとまた体を売った。白人、黒人、ラテン系と様々な人種の娼婦がいた。

■連続娼婦殺人・眼球くり抜き事件

 33歳の白人娼婦メアリー・プラットもそんな一人で、家族を捨て、オーク・クリフで体を売って得た金ですぐに薬物を買うジャンキーな生活を送っていた。

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!の画像1メアリー・プラット。画像は「YouTube」より引用

 1990年12月12日、オーク・クリフの悪名高きジェファーソン・ブルバードで客を求め徘徊していたメアリーは、翌日早朝、街から少し離れた住宅街の道路脇で遺体となって発見された。ブラウスは乳房までめくれ、両手は誰かに引きずられたようにバンザイをしており、下半身はなにも身に着けておらず、股は開き、仰向けの状態で遺棄されていた。

 44口径ピストルで背後から頭を撃たれており、それが致命傷だった。人通りが多く人目につく場所だったため、警察は「まるで自分が殺したことを誇示しているようだ」と眉をひそめた。

 娼婦が暴行を受けたり撃たれるという事件は珍しくなかったため、現場に駆けつけた警官たちは「よくある娼婦殺人事件」だと推測した。しかし司法解剖が始まりすぐに「よくある」娼婦殺人事件ではないことが判明する。

 目の色を確認しようと監察医がまぶたを開いたところ、そこにはあるはずの眼球がなかったからだ。眼球はまぶたなどを傷つけないように丁重に綺麗に切り取られており、目を閉じた状態でも眼球がないことは分からないほど。流血の痕もなく芸術的なまでに完璧に切り取られていたのだ。

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!の画像2画像は「YouTube」より引用

 遺体には精液は残されておらず、メアリーのものではない毛が数本見つかっただけ。「夜明け前に車のドアを勢いよく閉め、走り去る音がした」という近隣住民の証言はとれたが、どんな車かは見ていない。遺留品や証言には頼れないとして、地元警官たちはジェファーソン・ブルバードで体を売る娼婦たちに聞き込み捜査を行った。犯人はきっとほかの娼婦たちも面識がある可能性が高いと推測したからだ。しかし、彼女らの口から出て来るのは客の悪口ばかりだった。

 何の手がかりもつかめないまま時間が過ぎ、1991年2月10日、また「目玉を切り取られた」娼婦の遺体が発見された。27歳の白人娼婦スーザン・ペターソンで、メアリーの遺体が遺棄された住宅街の人目につく場所に、Tシャツだけ着た姿で44口径で頭を3発撃たれ絶命していた。そしてメアリー同様、眼球を綺麗に切り取られていた。

 遺体の側にはコンドームの空き袋が落ちており、体内に精液は残されていなかった。毛髪も残されていなかった。メアリーの殺人事件と同一犯の仕業であるのは明らかであり、警察は連続殺人事件として捜査を開始した。

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!の画像3スーザン・ペターソン。画像は「YouTube」より引用

 全米初の「人を殺して目玉を切り取る」タイプの連続殺人にFBIも捜査に参加。「白人、30代半ば、理系の学歴がある、がっちりした体型で、地元民。警察に友人がいる可能性があり、古いピックアップトラックを運転している」とプロファイルし、「娼婦たちとは面識がある」「近いうちに再び殺人を犯すだろう」と推測した。犯人好みであろう「ぽっちゃりした白人」の女刑事に娼婦の格好をさせて覆面捜査させたり、オーク・クリフのモーテルに潜伏して怪しいピックアップトラックがないか調べた。

 そんな中、メアリーが殺された夜、彼女と一緒に客に買われたという娼婦が現れた。ヴェロニカ・ロドリゲスという娼婦で「あの夜、メアリーと一緒に白髪まじりの男に買われた」という。

さらに「白いピックアップトラックに乗って郊外に連れて行かれ、3Pをして、服を着ていたらメアリーと男が口喧嘩をし始めた。男は豹変しメアリーを撃った。私は身の危険を感じて逃げ出して、半裸姿で裸足で原っぱの中を駆けた。放置されている排水管を見つけて、その中に隠れた。男は怒鳴っていた。隙をみてまた走り続けていると知り合いの家が見えてきた。ドアを叩いて助けてもらった」と証言。そんなヴェロニカの顔にはまだ癒えていない切り傷があった。

 犯人に繋がるかもしれない貴重な証言だったが、警察は彼女の話を鵜呑みにしたわけではなかった。ヴェロニカは重度の薬物依存症であり、警察の間でも「平気でうそをつく札付きの娼婦」として有名だった。ハイになり幻覚を見ていた可能性は大だった。

 メディアもこの連続猟奇殺人事件を大々的に報道。世間を混乱させるとして「目を切り取っている」ことは明かされなかったが、被害者については写真入りで大きく報じられた。このことで、警察は「犯人が犯行パターンを変えるのではないか」「ターゲットを”若くてぽっちゃりした白人の娼婦”から別タイプの娼婦に変えるのではないか」と懸念した。

■新たな遺体

 1991年3月18日、メアリーとスーザンの遺体が遺棄された住宅街内からはかなり離れた場所にある学校の前の道路脇で、シャーリー・ウィリアムズという名の娼婦の遺体が発見された。2人とは異なりシャーリーは41歳の黒人。背後から銃で何発も撃たれ血まみれで仰向けの状態で、眼球は切り取られていた。また遺体の近くに空になったコンドームの袋が落ちていた。遺体には彼女のものではない陰毛が数本ついていたが、目立った遺留品はなし。メアリーとスーザン殺しと同一犯の仕業だということは明らかだった。

 しかし、シャーリーの場合、メアリーとスーザンとは異なり目の回りにいくつもの切り傷が残されていた。あせりながら急いで眼球を切り取ったようにも見えた。

 こうして、連続犯がオーク・クリフの娼婦を人種関係なくターゲットにしていることが判明し、娼婦たちはストリートから離れた。警官は娼婦への聞き込みを強化した。

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!の画像4シャーリー・ウィリアムズ。画像は「YouTube」より引用

 そんな中、ブレンダ・ホワイトという娼婦が警察に重要な証言をした。「白人男性が運転するステーションワゴンにピックアップされたことがある」「がっちりとした体格だったけど、白髪まじりだったから年齢はいってると思う」「男は南の方に自分の家があるからそこでやろうと言い出した。でも私はテリトリーであるこの場所を離れるのは危険だと思ってるし、なんだか嫌な予感がして絶対に嫌だと拒否した。すると、男は激怒し“オレは娼婦が大嫌いなんだ!”“殺してやる!”と叫びながら彼女に手をかけた。身の危険を感じたので催涙ガスをかけて逃げた」「この男が犯人のような気がする」と主張したのだ。

 警察はこのブレンダの証言が、最初の殺されたメアリーと一緒に買われ逃げ出したというヴェロニカが証言した男と一致する箇所があると注目。「白髪まじりの男」「豹変して別人のように激怒する男」は恐らく同一人物だろうと見て、ヴェロニカが逃げ込んだという知人宅の住所を再度チェックした。するとシャーリーの遺体が発見された場所の近くにあることが判明。何かしらの手がかりがあるかもしれないと改めてヴェロニカの証言を洗い直した。

 警察はヴェロニカが助けを求めたという知人で、トラック運転手のアクストン・シンドラーという男性に聞き込み調査を行った。ヴェロニカは「知人は犯人が誰なのか知ってると言ってた」と証言したが、アクストンは「彼女は助けたけど、そんなことは言っていない」と否定。気が弱い小柄な男のアクストンは殺人事件には無関係だろうと警察は判断したが、念のため運転免許証のコピーをとり身元を確認した。免許証の住所を調べてみると大家の名前が出てきた。

 同じ頃、偶然にも警察では「昔付き合ってた男が連続殺人鬼だと思う」という匿名電話を受けていた。男の名前はチャールズ・オルブライト。アクストンの大家と同一人物だった。強盗、窃盗、未成年への性的暴行という犯罪歴のあったチャールズのマグショットを見て、警官たちは驚いた。ヴェロニカとブレンダが説明した犯人の外見が、そのままぴったり当てはまっていた男だったからだ。

 警官はブレンダにチャールズの写真を見せ、この男かと聞いた。ブレンダは「間違いない」と証言した。ヴェロニカの方は警察署に呼び、無関係の5人の男性の写真にチャールズの写真を混ぜて「この中にメアリーを殺した男はいるか?」と質問。ヴェロニカは泣き叫びながら「こいつだよ!」とチャールズの写真を指さした。

 納税証明書からオーク・クリフの住宅街に3件の物件を持つ男だと判明。物件の1つはシャーリーの遺体発見場所に、もう2つはメアリーとスーザンの遺体発見場所にとても近かった。

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!の画像5チャールズ・オルブライト。画像は「Murderpedia」より引用

■目玉に魅入られた男・チャールズの生い立ち

 事件の50年前、オーク・クリフは犯罪がはびこる街ではなく子育てに最適な安全な街だった。1933年8月10日生まれのチャールズ・オルブライトは産後すぐ孤児院に預けられ、3週間後にオーク・クリフに住むオルブライト家の養子として迎えられた。

 父親のフレッドは食料雑貨商で母親デルは専業主婦。デルはチャールズを溺愛したが躾にはとても厳しかった。極度の心配症でもありチャールズが問題を起こさないか、病気にならないか、自分はきちんとした食事を与えることができているのかを気にした。牛乳が体によくないと聞くと、やぎの乳を与えるため庭にやぎを飼うほどの心配症だった。

 デルはピアノや絵画を学ばせ、教育熱心でもあったが、チャールズが自分の言うことを聞かないと暗い部屋に閉じ込めるなどの罰を与えた。愛情は注ぐが子供をコントロールしたがる養母の下、チャールズは女性に対して複雑な気持ちを抱くようになっていった。

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!の画像6幼少期の家族写真。画像は「YouTube」より引用

 デルはまたチャールズに自分の趣味である剥製作りを教えた。2人は近所をまわりリスや鳥の死体を持ち帰り、内臓を取り出し綺麗に処理してから縫い合わせた。最後に美しい偽の目玉を入れる作業があるのだが、デルは節約家だったため裁縫箱にある黒いボタンをつけるようチャールズに言った。目玉を入れて完成させたいのにできないチャールズは、剥製制作グッズを販売している店に入り浸っては偽の目玉を何時間も眺めていたと伝えられている。

 厳格な家庭環境の中育ったチャールズの学校での成績はよく、特に理科と体育が得意だった。しかし、手癖が悪く教師から試験用紙を盗みコピーして友達に配るなどの悪さもした。そして次第に、自分の産みの母親は娼婦だと思い込むようになり、養母の愛を踏みにじるようになった。

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!の画像7画像は「YouTube」より引用

 盗癖はどんどんエスカレートし、貴金属店から時計を盗んだりするようになった。そして嘘をつくのがとても上手く、彼自身が自分で作り上げた話を信じ込んでいる節もあるようだった。

 そしてついに、13歳の時盗難と暴行罪で逮捕される。15歳で北テキサス大学に進学するものの翌年再び盗難罪で逮捕されるが、今度は銃を所持していたため禁固刑を受ける。

 出所後、チャールズはアーカンソー州立教育大学に入学し人生をリセットする。フレンチ・クラブのクラブ長になったり、イヤー・ブックの編集を行ったり、アメフトチームに入部しすぐに試合に出場するなど大学生活を満喫。人気者で誰もが彼にカリスマ的な魅力を感じていた。

 しかし、友人がゴミ箱に捨てた元彼女の写真を取り出し、目の部分だけ切り取って、友人の部屋にベタベタ貼りまくるという気味の悪いこともした。だがチャールズは陽気な人気者だったため、誰もが「酷いいたずら」と一笑に付したという。

 そんな人気者のチャールズだったが、手癖の悪さは治らず大学に盗みがバレて退学処分を受ける。彼は職を転々とした。問題を起こしたり、仕事に単純に興味を失い辞職したりということを繰り返した。美術の才能があった彼は頼まれれば肖像画を描いたりもしたが、いつも最後に目を描いたと伝えられている。

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!の画像8画像は「YouTube」より引用

■経歴詐称、少女暴行、そして

 1969年、チャールズは教師の資格を偽造してダラス東部にある高校の生物学教師とフットボール・コーチとして働いていたとして逮捕された。高校で彼は素晴らしい教師だと生徒たちに認められていたため誰もが驚いた。保護観察に処され禁固刑を免れたチャールズは、その後も盗みで度々警察の世話になった。

 1981年、ダラス東部の教会に通うようになったチャールズは9歳の少女に性的暴行をしたとして逮捕される。少女の両親は「大事にしたら娘の将来がダメになる」と希望したため、ニュースになることもなく、チャールズも投獄されず、保護観察処分という軽い刑罰を受けただけだった。

 その後のチャールズは死んだ両親から9万6000ドル(約105.6万円)の現金と家を相続し、大工をしながらそれらの家を貸し出すことで生計を立てていた。その頃には離婚歴があり、子供が1人いたが元妻が引き取っており交流はなかった。

 1985年、チャールズはアーカンソー州の未亡人ディクシーと出会い同棲を開始、夫婦同然の生活を送るようになった。働き者のディクシーはギフトショップで働き夫婦の生活を支えるようになった。

 妻が働いている間、チャールズは娼婦を買いまくった。娼婦たちに「きみたちのことが心配なんだ」と言い、薬物を買って与えたり、ダイナーで食事をおごったり、性サービスを受けなくても100ドル(約1万1000円)の小遣いを渡したりした。娼婦たちの間でチャールズは「信頼できるおじさん」として知られるようになった。

 その一方で、チャールズは娼婦たちに対してサディスティックな性行為を強いた。体を縛り上げ、ロープや電化製品のコードなどで叩き、「叫べよ!こういうのが好きなんだろう!」と怒鳴りつけた。そして、手荒なセックスをした。

 チャールズは地元のシニア・ソフトボールチームのメンバーだったのだが、ある日、娼婦らしい女性たちがグランドの近くを車で走行していたのを見て、チームメンバーが「チャーリー!娼婦だぜ!お前、ひっかけてみろよ!」と冗談を言った。チームメンバーは冗談好きのチャールズに軽口を叩いたつもりだったのだが、急に怖い顔になりこう言った。「オレは娼婦って生き物が大嫌いなんだ。できることなら全員殺してやりたいくらいだ」

 その1年後、チャールズは娼婦殺しを始めたのだった。

 

■難航する捜査

 チャールズを容疑者だと睨んだ警察官は、ヴェロニカとブレンダの証言と所有する物件が遺体遺棄現場に近いことから、連続殺人容疑でチャールズを逮捕した。

 チャールズは至って冷静で、全ての家を家宅捜索すると告げられても動揺しなかった。また、「娼婦など買ったこともない」と言い放った。

 家宅捜索の結果は芳しくなかった。7、8丁の銃やナイフがあったが、殺人事件に使われた44口径ピストルは見つからなかった。銃弾や遺体の側に落ちていた空の袋と同じブランドのコンドームは見つかったが、これらは「チャールズが殺人犯」だという証拠にはならない。

 犯人が戦利品として所持していると見られる被害者たちの眼球も、どこにもなかった。ホルマリン漬けにされた蛇などが棚にディスプレイされている中に、眼球のようなものもあったが、人間のものではなく豚の眼球だった。

 警察もFBIも行き詰まっていたところ、ティーナ・コンリーという娼婦が「シャーリー・ウィリアムズが殺された夜、彼女と一緒に立ちんぼしていた。酷い雨で自分はもうこれ以上は立っていられいないと思い、羽織っていた黄色いレインコートをシャーリーに貸して道を渡った。振り返ると、シャーリーが白いピックアップトラックに乗るところだった」と証言。そして翌日、彼女は遺体となって発見されたのだ。

 警察はシャーリーは発見現場とは別の場所で殺害されたと見ていた。ティーナは警察を「シャーリーが客を連れていく、お決まりの場所」へと連れて行った。そこは木がおおいしげる原っぱで、ティーナが貸したレインコートが見つかった。警察はレインコートに犯人の遺留品が残っていないか調べ、シャーリーの血、何本かの毛を発見した。そのうちの一つはリスの尾っぽの毛だった。

 警官はチャールズの家やピックアップトラックから収拾した毛をしらみつぶしに調べ、リスの尾っぽの毛を発見。これがシャーリー殺しの証拠だと警察は起訴に踏み切った。

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!の画像9画像は「YouTube」より引用

 チャールズはシャーリー殺害の罪で逮捕、起訴された。無実を主張し、店子であるアクストンが犯人だとも言ったが、娼婦は口をそろえて「襲ったのはチャールズだ」と証言した。また「娼婦なんて買ったことがない」とも主張したが、家やピックアップトラックからは娼婦の陰毛がたくさん発見されており、チャールズは明らかに嘘をついていた。

 チャールズは無実を主張したが、娼婦たちの証言もありシャーリーの殺人罪で有罪となり1991年12月18日、終身刑に処された。メアリーとスーザン殺しは証拠不十分のため起訴できなかったが、チャールズの仕業だと誰もが確信している。

■今も残る謎 目玉はどこに?

 チャールズは現在、テキサス州ラボック市にある囚人を収容するジョン・モントフォード精神科に入所中。今年8月で84歳になる。彼は今もなお「目」に強い執着心を持っているが、自分は犯人ではないと無罪を主張している。しかし、本物そっくりの美しい瞳を描き、壁に貼付けてはうっとりと眺めているため、誰もが彼が「目をくりぬいた連続殺人鬼」だと確信している。

 チャールズが切り取ったとされる被害者の目玉は、今もどこにあるのか分かっていない。普通ならば戦利品としてホルマリン漬けにして鑑賞したりするものだが、彼のホルマリンコレクションにはなかった。「腐らないように処理して剥製に入れ、どこかに置いた」という説、「ある程度見たり触ったりして楽しんだ後、自分と一体化させるために食べた」という説もあるが、証拠はなく真相はチャールズのみぞ知る、だ。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

参考:「Murderpedia」「YouTube」ほか

文=堀川英里

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】女の眼球をくり抜きまくった凶悪連続殺人鬼チャールズ! 娼婦嫌悪と剥製制作、謎のコンドーム…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル