• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 90年代、テキサス州ダラスは安定した経済成長を続けるサウスウエストの都市として活気づいていた。一方で犯罪率も高く、1991年にダラスで発生した殺人事件は500件をゆうに超える。

 中でも南側に位置するオーク・クリフの治安は最悪で、犯罪、売春、薬物売買の温床となっていた。真っ昼間からオーク・クリフで客を探す売春婦たちの多くが薬物依存問題を抱えていた。25ドルでセックスを提供し、薬を買ってハイになり、薬がきれるとまた体を売った。白人、黒人、ラテン系と様々な人種の娼婦がいた。

■連続娼婦殺人・眼球くり抜き事件

 33歳の白人娼婦メアリー・プラットもそんな一人で、家族を捨て、オーク・クリフで体を売って得た金ですぐに薬物を買うジャンキーな生活を送っていた。

0621CA-1.jpg
メアリー・プラット。画像は「YouTube」より引用

 1990年12月12日、オーク・クリフの悪名高きジェファーソン・ブルバードで客を求め徘徊していたメアリーは、翌日早朝、街から少し離れた住宅街の道路脇で遺体となって発見された。ブラウスは乳房までめくれ、両手は誰かに引きずられたようにバンザイをしており、下半身はなにも身に着けておらず、股は開き、仰向けの状態で遺棄されていた。

 44口径ピストルで背後から頭を撃たれており、それが致命傷だった。人通りが多く人目につく場所だったため、警察は「まるで自分が殺したことを誇示しているようだ」と眉をひそめた。

 娼婦が暴行を受けたり撃たれるという事件は珍しくなかったため、現場に駆けつけた警官たちは「よくある娼婦殺人事件」だと推測した。しかし司法解剖が始まりすぐに「よくある」娼婦殺人事件ではないことが判明する。

 目の色を確認しようと監察医がまぶたを開いたところ、そこにはあるはずの眼球がなかったからだ。眼球はまぶたなどを傷つけないように丁重に綺麗に切り取られており、目を閉じた状態でも眼球がないことは分からないほど。流血の痕もなく芸術的なまでに完璧に切り取られていたのだ。

0621CA-2.jpg
画像は「YouTube」より引用

 遺体には精液は残されておらず、メアリーのものではない毛が数本見つかっただけ。「夜明け前に車のドアを勢いよく閉め、走り去る音がした」という近隣住民の証言はとれたが、どんな車かは見ていない。遺留品や証言には頼れないとして、地元警官たちはジェファーソン・ブルバードで体を売る娼婦たちに聞き込み捜査を行った。犯人はきっとほかの娼婦たちも面識がある可能性が高いと推測したからだ。しかし、彼女らの口から出て来るのは客の悪口ばかりだった。

コメント

1:匿名2018年6月26日 18:08 | 返信

今日、国賊が刃物で刺された後に拳銃を奪われその銃で打たれたそうですね。国民のカネで悪いことばかりするからそうなるのだ!因果応報!いずれ国賊は全員そのような目にあうだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。