奇習! わざと男たちの前で屈んで“乳”を見せる…! 西日本に実在した女性による「胸チラの伝統作法」

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発だ!★


【日本奇習紀行シリーズ】 西日本

奇習! わざと男たちの前で屈んで乳を見せる…! 西日本に実在した女性による「胸チラの伝統作法」の画像1画像は「pixabay」より引用

 今でこそ、スマホアプリなどを使う形で、女性から男性に対して“自身との性行為”を持ちかけることは、そう難しいことではなくなりつつあるが、こうした“文明の利器”が存在しなかった時代には、あれやこれやと、おかしな行為を行うことで、女性は“意中の男性”をモノにしてきたようだ。


「まあね、よその土地の人からすりゃあ、もともとここいらはおおらかな方なんだろうけれども、一応、江戸時代まではちゃんとした城下町だったものだからね。おおっぴらにそういうことがしづらかったみたいでさ。だからああいう習慣ができたんじゃないかな」


 かつて、“そこそこの城下町”であったという、西日本のとある海沿いの小都市に、その昔、存在していたという“女性からの口説き作法”についてそう証言するのは、現在もなお、当地で代々続く商家の主をしている蒲地益之助さん(仮名・86)。蒲地さんの話によると、かつて武家が多かったという土地柄なのか、女性からのストレートな“モーション”がしづらい土地柄だという当地においては、“ある特殊な方法”で、女性は男性を誘惑していたのだという。


「うーん、まあ、平たく言えば、さりげなくね、“乳”を見せるのよ。着物の襟を緩めておいたりしてね。それこそ昔だったら、草履なんかの緒をいじる仕草なんかをしてね、わざと意中の男たちの前で屈んでみせて、胸元を覗けるようにしてやるっていうわけ(苦笑)」

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

奇習! わざと男たちの前で屈んで“乳”を見せる…! 西日本に実在した女性による「胸チラの伝統作法」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル