外国人が注目「英語にない日本語」9つがヤバイ! 生きがい、引きこもり、過労死、積ん読、謎の言葉「あげおとり」も…

・仕方がない(Shikata ga nai)
“仕方がない”あるいは“しょうがない”をむりやり英語にすれば「助けられない」ということになるが、それほど大きな絶望を表現しているわけではないことは改めて言うまでもない。

 捉え方によってはフランス人がよく口にするセ・ラヴィ(これが人生さ)や、哲学者ニーチェによる運命愛(Amor fati)にやや通じるものになるのかもしれない。しかしいずれにしても、痛烈な無力感というよりも甘受するしかない世知辛い現実という意味合いで使われるだろう。


・積ん読(積読、Tsundoku)
 日本人の読書好きには今さら説明する必要がない“積ん読”だが、英語をはじめとしてこれに相当する言葉はない。

ageotori3.JPG 「Big Think」の記事より

 今読んでいる本が読了できないままに、読みたい本がどんどん積み上がっていくという、あまり望ましくない現象が“積ん読”だが、“常習者”にとっては実は後々の楽しみが増えていくという、むしろ喜ばしい状態なのかもしれない。


・居留守(Irusu)
 家にいてもいないふりをすることは世界中で行われているのだろうが、居留守という読んで字のごとくの単語で表現しているのは日本語だけなのかもしれない(もしかしたらあるかもしれないが)。少なくとも英語ではひと言で表現することはできないのだ。

ageotori4.JPG 「Big Think」の記事より

 今日は誰にも会いたくないという日は戸締りをしっかりしてインターホンには応じず、電話にも出ないで“積ん読”してあった本を読んでみるのもアリ!?


・上げ劣り(あげおとり、Age-otori)
 今や日本人でもめったに使わなくなったと思われる「上げ劣り」も英語にはない表現として注目されているようだ。デジタル大辞泉によれば上げ劣りは「元服して髪を上げて結ったとき、顔かたちが以前に比べて見劣りすること」で、髪を切るのに失敗して気分が落ち込むこととされている。理髪店や美容院で“失敗した”という経験は誰しも少なからずあるとは思うが、髪形ならではのなんとも言えない後悔と残念さをひと言であらわす言葉ということになる。


 記事ではこのほかにも、忙しくてブラウスのアイロンがけができずニットばかり着ているキャリアウーマンを指す“ニット女(Nito-onna)”や、“引きこもり(Hikikomori)”もまた日本語にしかない単語であると解説している。

 こうして9つを見てみると、なんとも言えない“日本人らしい”微妙にネガティブでヤバイ日本語が多く並んだといえる。改めて、日本語の奥深さに気づかせてくれる話題だろう。
(文=仲田しんじ)

参考:「Big Think」ほか

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

外国人が注目「英語にない日本語」9つがヤバイ! 生きがい、引きこもり、過労死、積ん読、謎の言葉「あげおとり」も…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル