• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 イエス・キリストの再来が1960年代に存在していたという。超能力を兼ね備えたその新たなスピリチュアルリーダーは黒人男性の“ブラックジーザス”であった。


■1960年代に存在した“ブラックジーザス”とは

blackjesus1.JPG
『The Ascension Mysteries: Revealing the Cosmic Battle Between Good and Evil』 画像は「Amazon」より

 あのエドガー・ケイシーの生まれ変わりであるともいわれているデイビッド・ウィルコック氏が2016年に出版した著書に“ブラックジーザス”について触れている箇所があることをオルタナティブ系オンラインメディア「Collective Evolution」の記事が紹介している。では、ブラックジーザスとは、いったいどんな人物だったのか。

 1960年代、ごく一部に知られるようになったアフリカ出身の黒人男性であるブラックジーザスは、イエスと同じく現人神としてのすべての能力を具えていたという。人の心を完全に読むことができ、空気から物質を作り出し、テレパシーでコミュニケーションが可能で、空中浮遊することができ、テレポーテーション(瞬間移動)までできたという。

 ブラックジーザスはスピリチュアルリーダーで、愛と平和、他者への施しと寛容を教義の中心に据え、世界中の偉大な宗教を束ねる役割を担っていた。

 彼の卓越した能力と指導力をよく思わないのはこの世界を牛耳る支配者たちであった。ブラックジーザスによって人々が団結してしまえば支配体制にとって大きな脅威となるからだ。そして支配者たちは秘密裏にブラックジーザスの暗殺に着手した。暗殺は何度となく行われたのだが、ブラックジーザスは毎回驚異的な回復力で元の身体に戻った。

 普通の暗殺ではらちが明かないと考えた支配者たちは計画を変更した。彼らのほうからブラックジーザスに近づき、白旗を揚げると共に次世代のリーダーとして国際会議に出席してメッセージを公に発信してほしいと願い出たのである。

blackjesus2.JPG
Collective Evolution」の記事より

 彼らの提案を受け入れたブラックジーザスは、会議の開催地へ向かうべく手配された軍用機に乗り込んだのだった。

コメント

7:匿名2018年11月10日 12:53 | 返信

>人の心を完全に読むことができ...

なぜ騙された?

6:トランプ大統領2018年11月10日 07:54 | 返信

細かく切り刻んでも、すでに分身がいるとはもはや無敵に近い。
クローンで世界征服が可能な存在だと思う。アメーバー的増殖?のようで
銃で撃ち抜いたら肉片が飛び散るから、どんどん増えるのではないのか?
飛び散った破片がテレポーテーションで移動しているはず。
捕まえて溶かすか焼き殺すかしないと消滅はしないだろう。
ところで、ブラックジーザスとは私のことではないよな?
私の肌が黒めなので偶に黒人扱いされていたり、左翼公認の又吉イエスであり
2代目のアキヒトラーである。漫画でいうとボンゴレ10代目らしい。
しかしアキヒトラーも今年で終わり、次はナルヒトラーになるのだ。
皇太子も私のキャラであり、何かと左翼に精神病的な扱いをうける。
とにかくヒトラーにしたいがために何々仁という名前になっているのだろう。それは間違いない。

5:匿名2018年11月10日 03:35 | 返信

〉そして記事では人々の意識が高まりはじめている今なら違うことになるのではないかと主張している。

真逆だと思う。人々の意識がむしろ極限まで低下しているからこそ世の中はこんなにも狂っているんだと思う。しかもその狂った世の中を人々は認識すらできないでいる。

4:匿名2018年11月10日 03:08 | 返信

>人の心を完全に読むことができ...

なぜ騙された?

3:匿名2018年11月10日 03:06 | 返信

>人の心を完全に読むことができ...

なぜ騙された?

2:匿名2018年11月10日 03:05 | 返信

>人の心を完全に読むことができ...

なぜ騙された?

1:匿名2018年11月10日 02:55 | 返信

しんじの作り話っぽいw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。