奇習! 少年たちの“ペニス発毛状況”を調べる北関東の伝統儀式を経験者が暴露! 人妻たちの密かな愉しみだった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 北関東

kishu190555_02.jpg
画像は「getty」より引用

 世の中には実に奇妙な習慣があるもので、誰かにとっては大したことのない話でも、別の誰かにとっては強い関心事であるといったことも珍しくない。


「あれのなにが意味のあることだったのか、今となってみてもわかりませんよ」


 自身がその幼き日に体験したという、ある儀式についてそう語るのは、現在、北関東のとある地域で、キャベツ農家を営んでいる新井善行さん(仮名・78)。新井さんの話によると、その昔、当地においては少年たちを対象とした、なんとも珍妙な儀式が執り行われていたという。


「まあ、簡単に言ってしまうと、“シモの毛”が生えたかどうかを確認する儀式なんですよ。そんなもの、放っておいたって、自然といつかは生えてくるものでしょう? なのに、それを毎年のように大人たちが調べるという……なんだったんでしょうかね、あれは」


 新井さん自身がそう語るように、たしかに陰毛というものは、ほとんどの人にとって、「自然といつかは生えてくるもの」である。しかし、当地の大人たちは、なぜか少年たちに限り、第二次性徴を迎える年頃になると、その発毛状況を確認していたのだというから、甚だ理解に苦しむ話だ。


「しかもですよ。それを調べるのは、必ず近隣に住んでいる若い奥さん連中なんですよね。私もそうでしたけれども、そういう年頃になると、そういう奥さん連中が待ち構えている前に引きずり出されて、みんなの前で調べられてしまう。あんなの、今だったら問題になるんじゃないかって思いますよ」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。