【再逮捕】ゴーン後継者候補ブルーノ・ゴルニッシュの“極右経歴”が本気でヤバい! 杉田水脈と親密、日本人妻、ホロコースト発言… その正体とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■日仏の極右が結びつく可能性

 ルノーと日産、そして三菱自動車が提携している以上、このブルーノ・ゴルニッシュ氏がルノーの会長に就任すれば当然日本にも大きな影響が及ぶことになる。そこで懸念されるのが、やはりゴルニッシュ氏の極右思想だ。

 2004年、ゴルニッシュ氏は記者会見の中で第二次世界大戦中のホロコーストとガス室の存在について、歴史研究者たちによる議論の余地がなければならないと発言している。

 ホロコーストで「何十万、何百万の死」があったとされるが「その人々の死がどのような手段によるものなのかについて議論が行われるべきである」と彼は発言し、ガス室の存在についても、もっと議論が尽くされなければならないと言及したのだ。

【再逮捕】ゴーン後継者候補ブルーノ・ゴルニッシュの極右経歴が本気でヤバい! 杉田水脈と親密、日本人妻、ホロコースト発言… その正体とは!?の画像3BBC」の記事より

 こうしたゴルニッシュ氏の言動は、ユダヤ人団体と反人種差別グループの激しい反発を招いて公の問題となり、2006年にリヨンの裁判所から「人道に対する犯罪行為への疑義」という罪名で執行猶予付きの実刑判決を受けている。また、当時教鞭を執っていたジャン・ムーラン大学から5年間の停職処分も受けることになった。

 こうした過去を持つゴルニッシュ氏がルノー会長に就任するようなことになれば、フランスの人種差別的な極右と日本社会との間に強いパイプができてしまうかもしれない。そして、「LGBTは生産性がない」という主張で物議を醸した自民党の杉田水脈衆議院議員が、このゴルニッシュ氏とすでに交流があることが同議員のブログなどから判明している点も見逃せない。

 世界的に保守化、右傾化がトレンドになってきている昨今だが、各種の偏見や差別につながる危険な動向には目を光らせておかねばならない。
(文=仲田しんじ)


参考:「International News」、「BBC」、ほか

コメント

3:匿名 2018年12月5日 21:47 | 返信

深読みじゃないかなぁ。
ルノーは正直、何も考えてないと思うよ。
思想的に国内で厄介者の男が、日本マニアだったので
折よく体よく左遷できるっていう…
そんな感覚じゃない? 左遷の割に高収入のようだがw
あっちかあらすると「日本人が、悪意を持ってゴーンを嵌めた」と見えるらしいからさ。
ゴルニッシュの選出はそこだよ。

2:匿名 2018年12月4日 13:04 | 返信

後継者決まっても、後継者への報酬は年俸で1000万までで十分だろ、と思う。そもそも金がトラブルを産むんだし、1000万でも自分の命を投げてでも会社を上手く運営できる人はいる。橋下さんとかね。正直者を入れるべき。

1:【再逮捕】!暴行容疑の容疑者を匿った組織の責任追及はもはや免れそうにはないw 2018年12月4日 10:13 | 返信

こういう『どうでもいいこと』が行われている背景では日本の水道が海外に売られてようとしている

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。