【閲覧注意】民家のインターホンを舐め続ける不審者が怖すぎる! 3時間じっくりペロペロ… どアップ記録映像に住民戦慄、謎のフェチか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】民家のインターホンを舐め続ける不審者が怖すぎる! 3時間じっくりペロペロ… どアップ記録映像に住民戦慄、謎のフェチか!?の画像1画像は、「YouTube」より

 世の中には、信じられないようなフェチ(偏愛)に囚われている人々がいる。彼らは自らの欲望に忠実に行動し、時として一般人を驚愕させる。今回は、英紙「Mirror」などで報じられた奇妙なフェチ事件を紹介しよう。

 今月5日の朝、米カリフォルニア州の都市サリナスに住むデイビッド・ダンガンさんは、自宅敷地内に設置された防犯カメラの映像を見て戦慄した。前夜の映像には、なんと玄関のインターホンをペロペロと舐め回す不審な男が映り込んでいたからだ。男はインターホンに頬をくっつけて、舌先でペロペロペロ……。しかも、午前2~5時の3時間にわたり執拗に舐め回していたというから驚きだ。男はおしっこをしたり、延長コードを盗んだりもしたが、それ以上のことはしなかった。

 警察は7日、容疑者としてロベルト・ダニエル・アロヨ(33)を拘束した。警察署長のマット・マルドナドさんは、「彼は明らかに倒錯しており、その行動は奇妙です」とコメントした。今後、事件は検察に送られてロベルト容疑者を起訴するかどうか決定が下されることになる。もっとも、ロベルト容疑者の罪は軽微な不法侵入や窃盗などにとどまると見られている。

 被害者であるダンガン夫妻は、実のところインターホンを消毒したり玄関を掃除したりする以外にできることは何もない。一方、事件が起こった夜、彼らは外出中だったが、家の中では子どもたちが寝ていた。そのため、彼らは防犯に対する意識を改めざるを得なくなった。シルビア・ダンガンさんは「彼(ロベルト容疑者)は、法的には誰も傷つけず、何も壊さなかったことになります。そのため、後から振り返れば、今回の事件は単なる笑い話になるでしょう。ですが、今回の事件は、自宅の防犯対策がいかに重要であるかを強く認識するきっかけになりました」と語った。

 ロベルト容疑者のような人物が、何らかのキッカケで防犯対策の甘い人々に牙を剥く可能性も否定できない。今回の事件を教訓にして、改めて自分の身の周りを確認することが大切だ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

4:匿名 2019年1月18日 20:23 | 返信

我慢強い、ワイは同じ動作を3時間も続けられない、感嘆した。素晴らしい根性

3:匿名 2019年1月18日 15:40 | 返信

カブトムシのフレンズ

2:トランプ大統領 2019年1月18日 06:03 | 返信

好きな女のコの縦笛をこっそり舐めた経験のある純な男の子ならきっと理解できる。ただの好奇心?いや、好きだってコトをどう表現していいかわからなかっただけだ。

1:匿名 2019年1月18日 00:06 | 返信

ハチミツが塗ってありましたw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?