【閲覧注意】胸から余分な“頭と手“が生えた奇形性双生児、分離手術に成功! 無償で行われた手術の過程がスゴい!=インド

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】胸から余分な頭と手が生えた奇形性双生児、分離手術に成功! 無償で行われた手術の過程がスゴい!=インドの画像1画像は、「The Daily Mail」より

 インド・ラージャスターン州の都市ジャハズプールにあるラム・スネヒ病院で、21歳の女性が奇形の赤ん坊を出産した。彼女は陣痛が始まると病院で超音波検査を受け、双子が生まれると告げられたのだが、生まれてきたのは寄生性双生児だった。

 寄生性双生児とは、一卵性双生児の受精卵が分離する際、原因不明の異常が生じ、一方がもう一方に結合したり、吸収されたりすることで発症する奇形である。医学文献によると、100万人に1人の割合で現れる珍しい症状とされる。

 ラム・スネヒ病院で誕生した赤ん坊の胸には、耳や目の無い頭と3本めの手が生えていた。余分な頭と手は赤ん坊の体から血液や栄養を奪い続けることになるため、切除されることとなった。今年4月26日、ラージャスターン州の州都ジャイプルにあるJKローン病院に移された赤ん坊は、4時間にわたる手術によって余分な頭と手が無事に取り除かれた。小児科医のパラヴィン・マーサー氏は次のように述べる。

「母親は超音波検査や他の検査を受けていたと言いますが、両親は赤ん坊を見たときひどく動転していました。私達は彼らを説得して、娘さんの命を救うための手術に同意させなければなりませんでした。放射線科医師のチームと緊急に相談し、助教授たちのサポートを得た後、私たちは生かすべき赤ん坊から(余分な)頭を無事に取り除きました」

 病院は、赤ん坊の健康維持や手術にかかった費用を家族に請求しなかった。現在、赤ん坊は順調に回復しているという。

 今回の手術は病院側の善意によって無償で実施された。一方、世界各地で誕生する寄生性双生児の中には、生まれた直後に手術を受けられず、余分な身体部位とともに成長した例も報告されている。以前トカナで紹介したフィリピンの女子学生、ベロニカ・コミンゲスさんもその中の一人だ。また、動揺した両親に殺されかけた寄生性双生児についても報じられている。寄生性双生児が不幸にならない世界の実現を願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?