40年間未解決事件だった「最凶・警官殺人鬼ゴールデンステートキラー」がついに逮捕! 残虐レイプ殺人、エグすぎる犯行全記録!

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 2018年4月、米カリフォルニア州サクラメント郡の郊外に住むジョセフ・ジェームズ・ディアンジェロ(当時72)が逮捕された。元警察官であるディアンジェロの逮捕容疑は殺人と暴行。この老人こそ1970~80年代に12人を殺害し、女性50人を強姦した連続殺人鬼「ゴールデンステートキラー」の正体であった。

 12月29日17時55分からテレビ東京で放映される『ありえへん∞世界「本当にあった!世界の衝撃事件2020」豪華4時間SP』では、ゴールデンステートキラーが逮捕に至るまでの驚くべき経緯を取り上げる予定だ。そこで本記事では、ディアンジェロの恐るべき犯行の一部始終を、過去記事からご紹介する。

40年間未解決事件だった「最凶・警官殺人鬼ゴールデンステートキラー」がついに逮捕! 残虐レイプ殺人、エグすぎる犯行全記録!の画像1ジョセフ・ジェームズ・ディアンジェロ容疑者。画像は「Reuters」より引用


■40年越しに逮捕された凶悪犯

 全米を震撼させた連続暴行・殺人事件の犯人「ゴールデンステートキラー」として、ついに逮捕に至ったディアンジェロ。逮捕のきっかけとなったのは1978年にサクラメント郡で発生した新婚夫婦の殺害事件で、現場に残っていたDNAがディアンジェロのものと一致したのである。

 1970年代、ディアンジェロは警察官として働いていたが、1979年に小売店でハンマーなどを盗んだとして解雇された過去を持つ。地元の記者Pedro Rivera氏(@PedroRiveraTV)によると、ディアンジェロは郊外の平屋建ての家に住む、ごく普通の定年退職者だったという。だが、自宅のフェンスに近づきすぎると叫び声をあげて警告を発するなど、近所の住民からは少し変わった男だと目されていたそうだ。


■ゴールデンステートキラーとは

 1970~80年代にカリフォルニア州を恐怖に陥れた「ゴールデンステートキラー」は、暴行や強姦、そして殺人へとエスカレートし、少なくとも総勢50人の女性をレイプ、12人を殺害した超凶悪犯だ。被害者を含めて目撃者は多かったものの、これまで逮捕されることはなかった。ゴールデンステートキラー以外にも「オリジナルナイトストーカー」「イーストエリアの強姦魔」など数々の異名をとり全米で恐れられた。

40年間未解決事件だった「最凶・警官殺人鬼ゴールデンステートキラー」がついに逮捕! 残虐レイプ殺人、エグすぎる犯行全記録!の画像2画像は「Wikipedia」より引用

 ゴールデンステートキラーが犯罪者として活動を始めたのは1974年とみられている。当時は、カリフォルニア州トゥーレアリ郡バイセイリアで100件もの住居侵入や窃盗、盗撮などを繰り返して「バイセイリアの漁り屋(Visalia Ransacker)」と呼ばれていた。そして1975年に侵入した家で住人の男性に見つかり、この男性を射殺した後に姿を消した。なお、この時期ディアンジェロはバイセイリア近郊のエクセターで警官として働いていたことがわかっている。

40年間未解決事件だった「最凶・警官殺人鬼ゴールデンステートキラー」がついに逮捕! 残虐レイプ殺人、エグすぎる犯行全記録!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル