身分・年齢・性別不問で参加可能「秘密の宴」とは!? 殿様が考案、城下町“乱交SEXパーティー”の歴史

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

身分・年齢・性別不問で参加可能「秘密の宴」とは!? 殿様が考案、城下町乱交SEXパーティーの歴史の画像1
「ゲッティ」から引用

 「天は人の上に人を作らず」とはいうものの、実際には上になったり下になったり、場合によっては横に並んだりと、せわしなく動き続けるのが人の世の常というものである。

 

「まぁ、昔はいろいろとそういうのもあったとは思うけどもさ。所詮はお遊びだからね(笑)」

 

 かつて東北地方にある小さな城下町で行われていたという、なんとも奇妙な宴についてそう語るのは、当地で代々、伝統工芸品の木製玩具を作っているという職人・和田道夫さん(仮名・85)。和田さんの話によると、その昔、当地においては、身分や年齢、性別に関係なく参加する“秘密の宴”が行われていたという。

 

「江戸時代からやっていたっていう話なんだけども、みんなで酒を持ち寄って、飲めや歌えやの宴会をやった後で、誰彼構わずナニするっていう。そういう会だね」

 

身分・年齢・性別不問で参加可能「秘密の宴」とは!? 殿様が考案、城下町乱交SEXパーティーの歴史の画像2
「ゲッティ」から引用

 毎月新月の夜になると、町一番の大きさだという神社の境内に集まり、大騒ぎをするという当地の人々。その後は今風に言えば乱交パーティーじみた催しとなるわけだが、その際には身分や年齢などには関係なく、お互いに気に入った相手と、ゆきずりの関係を結ぶことが当たり前となっていたのだそうだ。

 

「もともとはこのあたりを治めていた殿様が、お忍びで城を抜け出してはじめたことらしいんだけども、なにせ本当の無礼講だからね。金持ちの奥さんと、その家の奉公人がナニするだなんてことも当たり前でさ」

 

 日頃は明確な上下関係があっても、宴の最中だけは、そうしたものを気にせずに、「上になったり下になったりしてた(笑)」(和田さん)という当地の人々。さすがにこうした宴は姿を消して既に久しいとはいうが、なにかにつけて閉塞感や暗い雰囲気が漂いがちな昨今、ひょっとしたら現代人の我々も、たまにはこうした形でハメを外すことも必要なのかもしれない。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

戸叶和男の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

身分・年齢・性別不問で参加可能「秘密の宴」とは!? 殿様が考案、城下町“乱交SEXパーティー”の歴史のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル