【啓蟄】この春、1兆匹のセミが羽化し、忘れられない悪臭を残す可能性がある=アメリカ

 冬眠していた生き物たちが土から顔を出す目覚めの季節「啓蟄」が近づいてきたが、なんとこの夏、全米でセミの大量発生の可能性があるという。1兆匹ものセミが全米の大地で大合唱を繰り広げるというのだ。

■2種類のセミが221年ぶりに同時に羽化

 夏の風物詩のセミだが、我々の前に姿をあらわし鳴き声を披瀝する時期は、実はその一生の終末期である。羽化したセミの成虫が生きられるのは3~4週間ほどであり、その間に交尾をしてメスは卵を産まなければならない。

 まさに“最後の大仕事”をするためにセミは成虫になるのだが、それ以前は十数年以上も幼虫として地中で過ごしている。セミ的には幼虫として土の中で過ごしている時間のほうがメインであり“通常モード”なのである。

 そして種によって土の中で過ごすサイクルも違ってくる。

 たとえば「Brood XIII」は17年、「Brood XIX」は13年のライフサイクルで羽化しているのだが、なんと今年のアメリカではこの2種のセミが221年に一度、同じ年に羽化するというイベント“二重羽化(dual emergence)”が見込まれているのだ。

画像は「Pixabay」より

 1803年以来で初めて、2つの別々のセミの羽化のスケジュールが一致するため、この春、アメリカ中西部と南東部全域で1兆匹以上のセミが羽化する可能性があるという。早ければ4月下旬からその兆候が見られるということだ。

 専門家らは、二重羽化として知られるこの出来事により、2種のセミが交雑する可能性があると「ニューヨーク・タイムズ」に語っている。とすれば将来的にセミの個体数が増えることもあり得るのだろうか。

 スミソニアン国立自然博物館の昆虫学者でコレクションマネージャーのフロイド・ショックレー氏は「適切な環境下で、適切な数の個体を交雑させれば、新たな周期に合わせた新たな子孫を生み出す可能性があります」と説明する。

 7種からなる周期セミは、生涯のほとんどを幼虫として地中で過ごし、木の根からにじみ出る滋養たっぷりの樹液を摂取している。13年または17年間、地中で過ごした後、その生涯の終末期に地表に這い出してきて成虫に変わる。「ニューヨーク・タイムズ」紙によると、成虫のオスは体の側面の膜を振動させて大きな鳴き声を上げ、メスを引き寄せるという。こうして成立したペアが交尾を終えるとメスは卵を産むのだ。

 成虫のセミは3~4週間ほど生存し、卵が孵化するのを見る前に生涯を終える。新しく孵化した幼体は地面に落ちてから土の中に潜り、幼虫となって長い期間を土の中で過ごすのである。

■“夏の思い出”にセミが一役買う!?

 17年周期の「Brood XIII」と、13年周期の「Brood XIX」は、イリノイ州北部とアイオワ州東部の狭い一帯に沿って同時期に羽化するという。「Brood XIII」はウィスコンシン州とインディアナ州の狭い地域でも出現するが、「Brood XIII」は中西部と南東部全体に広がるということだ。

 オハイオ州マウント・セント・ジョセフ大学の生物学名誉教授で『A Tale of Two』の著者であるジーン・クリツキー氏は、重複地帯が非常に狭いため、イリノイ州とアイオワ州ではセミの数が他の州に比べて目立って多くはならない可能性があると述べた。

 クリツキー氏は科学系メディア「Live Science」に対し、0.4ヘクタールの森林地帯内で150万匹以上のセミが羽化する可能性があるが、森林伐採によりこれらの昆虫が繁栄するために必要な森林の多くが失われていると語る。

 ショックリー氏は、セミは昆虫が出現する場所に近い森林地帯や緑豊かな都市空間に集まる可能性が高いと語り「都市部では、セミの死体の始末が必要になるほどの数が存在するだろう」と付け加えた。ちなみにセミの死体は腐敗する際に腐ったナッツのような忘れられない独特の臭いを発するという。

画像は「Pixabay」より

 今年の二重羽化イベントは7月上旬に終了する可能性が高いという。科学者らは、セミは生態系にとって有益で、人体には無害であり、病気を媒介することもないため、増えたとしても可能な限り何もしないことを推奨している。

 羽化したセミは地表に穴を掘るときに土壌に空気を呼び込み、メスが産卵すると自然な剪定作業が行われることで、その結果翌年より多くの花や果実が成長することになると、セミが自然環境にもたらすメリットをクリツキー氏は指摘する。

「多数の成虫のセミはあらゆる種類の捕食者に食糧をもたらし、セミの個体数にプラスの影響を与える可能性があります。最後にセミが死んだ後、その腐敗した身体が大量の窒素やその他の栄養素を土壌に提供します」(クリツキー氏)

 人畜無害であるだけに“セミが多い夏”を共有できるのはむしろ得難い貴重な体験になるかもしれない。今年は“夏の思い出”にセミが一役買うことになりそうだ。

参考:「Live Science」ほか

関連キーワード:, ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

【啓蟄】この春、1兆匹のセミが羽化し、忘れられない悪臭を残す可能性がある=アメリカのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル