>  > ドライブ中にシャワー!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ドライブ

,

仲田しんじ

,

便利

,

発明

 海へ山へと、本格的なアウトドア・レジャーの季節を迎えているが、遠出になればなるほど必需品になるのが生活用水だ。長時間のドライブの最中、食事の前後で手が洗いたくなることもあれば、自然探索の後に、汚れてしまった足元を洗い流したくなることもあるだろう。さらに、キャンプや釣りならなおのこと飲料以外の水が必要だ。

roadshower2.jpg
「ロードシャワー」製品外観 画像は「Daily Mail」より

■「ロードシャワー」で生活用水を一挙解決

 そこで最近注目を集めているのが車載型シャワーの「ロードシャワー」だ。これは米コロラド州在住のジョエル・コットン氏が発明した車載シャワーシステムで、1.5メートルの円筒状の圧力タンクの中へ19リットルの水を注入してシャワーやその他の用途に使える便利グッズだ。確かにポリタンクの水を洗い物などに使うのはなかなか面倒な作業である。しかしこの「ロードシャワー」なら19リットルの水を簡単かつ効果的に使えるだろう。

roadshower3.JPG
サーフボードも洗える! 画像は「YouTube」より

 ブラック塗装されたアルミ製の本体は太陽熱を吸収しやすく夏場であればすぐに水温が上がり、車体の熱を逃がす効果もあるということだ。139センチのホースの先端に取り付けられたノズルはシャワー型はもちろん、ジェット型からミスト型まで7種類に変えられ、自転車用ポンプを用いた圧力タンクから放出される水はなんと飛距離18メートルに達するという。

動画は「YouTube」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。