>  > 「生きるのに向いていない」24歳女性が安楽死へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
関連キーワード:

ベルギー

,

医療

,

安楽死

,

自殺

,

虐待

euthanasia.jpg

 現在、世界において積極的安楽死(本人の自発的意思のもと、医師が自殺幇助すること)が認められているのは、ヨーロッパの数カ国や米国の一部の州に限られている。その中の1国であるベルギーでは、「生きるのに向いていない」という理由で死を望んでいる女性に対する安楽死が行われようとしているようだ。

 6月19日付のベルギー紙「De Morgen」によると、今回複数の精神科医によって安楽死が承認されたのは、ラウラさん(仮名)という24歳の女性。安楽死と聞くと、末期症状などの“肉体的苦痛”から解放されるための手段というイメージが強いが、ラウラさんは健康に何の問題も抱えていない。ただし彼女は、幼少期から一貫して自殺願望が頭から離れないという“精神的苦痛”に悩まされてきたのだという。

 インタビューに応じたラウラさんは、この自殺願望には自身の生い立ちが少なからず影響を与えていることを認める。彼女の両親にとって、ラウラさんの誕生は予期せぬ出来事であり、酒癖の悪い父親からの虐待も相当なものだったという。そのため、祖父母に預けられて安定した環境の中で育ちはしたものの、彼女の自殺願望は一向に収まらなかった。

「苦しみのもとは、確かに子ども時代にあります。でも、穏やかで幸せな家庭で育っていたとしても、この自殺願望は変わらなかったでしょう」
「『私を必要としてくれる人がいるのかもしれない』『誰も傷つけたくはない』そんな考えから、今まで(自殺を)思いとどまってきました」(ラウラさん)

 21歳のころからは精神病院に通院し、同じような考えを持つ友人ができ、さらに演劇への興味も湧いてきたラウラさん。しかし彼女の「自分は生きるのに向いていない」という思いは、やがて確信へと変わり、死を決意するに至ったとのことだ。

人気連載

封印されたトンデモ映画!! あのヴァン・ダムも自社商品“ユニバG”に出演させた大神源太とは?

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

コメント

10:匿名2016年5月15日 13:41 | 返信

ベルギーとかオランダを見習って、日本でも積極的安楽死の法整備をしてもらいたいものだ

9:匿名2016年3月17日 15:15 | 返信

精神科犯罪者

8:匿名2016年2月14日 01:52 | 返信

>>2
無駄とは言いませんが
積み重ねてきたものに意味を感じられません。
生きてることに価値を感じない。
愛を与えてくれる人(例 親、友、恋人)を
傷つけながら、長く生きてたところで
生産性もなく迷惑をかけて生き延びている。
としか思えなく、心苦しい毎日になるだけ、

7:匿名ママ2016年1月15日 21:45 | 返信

私も今日突然と生きているのに疲れてきて…しかし、自殺する勇気もない。毎日毎日何の楽しみも無く、ただ生きているだけ。

6:匿名2015年12月18日 00:58 | 返信

わかるなあ

5:匿名2015年11月 7日 04:26 | 返信

こんな安楽死に積極的な国があったんだな
この国は先を行ってるぜ

4:匿名2015年10月21日 12:18 | 返信

>>3
何が悪いのやら。「自殺する度胸」なんてあったって別に誉められるようなものでもなんでもないのに。

3:匿名2015年10月18日 21:05 | 返信

要するに自殺したいけどそうするだけの度胸がないから医者に殺してもらうってことだよな

2:匿名2015年10月17日 17:54 | 返信

小さい頃に愛されなかった人はその後どんな体験をしようともう自己肯定感を持つことはできないのでしょうか? 
基礎が悪ければその上に何を築こうと無駄なのでしょうか?

1:匿名田中孝枝2015年9月17日 12:03 | 返信

医療機関名、申し込みなどなんでもかまいません。教えて下さい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。