>  > 「土下座すれば許してやる」TBSブルーリボン問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
demoDSC06190.jpg

 日本列島に台風が接近する今月8日午後、ドラマのなかで悪徳政治家に拉致被害者救出運動のシンボル「ブルーリボン」をつけさせたとして批判を浴びるTBS前で抗議行動が展開された。参加者は今回のブルーリボン騒動にとどまらず、これまでのTBSの報道姿勢を「反日」と批判。大ヒットを飛ばしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)になぞらえて、プロデューサーに土下座が“唯一の解決策”と迫る場面もあった抗議行動は、TBSにとって嵐を呼ぶ存在となるのか。

 抗議行動が始まったのは、前日から降り続く雨が一段と激しさを増した午後3時半。東京・赤坂のTBS本社前に、「TBSは拉致問題関係者と国民に謝罪せよ」と書かれた街宣車が乗り付け、車の下には「反日放送局」「中国の言い分のみを報ずる」のプラカードやブルーリボンを模した青い旗を持った参加者が列をなした。

 主催する「頑張れ日本!全国行動委員会」の水島総幹事長を皮切りに弁士が次々登壇。必然性のないドラマであえて“悪役”にブルーリボンをつけさせたことを「ブルーリボンをつける政治家は腹にいちもつを抱えていて、逮捕される存在と印象づけようとした」などと批判し、またTBSがホームページに掲載したこの騒動に対する釈明が、「お知らせ」と書かれていたことについて「お詫びし、説明するべきだ」と指摘した。

demoDSC06201.jpg

 批判対象は今回のブルーリボン問題にとどまらず、2003年に石原慎太郎都知事(当時)の日韓併合に関する発言で事実と異なるテロップをつけた問題など過去の報道姿勢にまでのぼった。さらに弁士たちは、「こんな放送局はいらない」「放送法違反だ」と気勢をあげる。ついには、今月13日に東京・日比谷公会堂で開かれる拉致問題解決を目指す国民大集会で番組プロデューサーが土下座をすれば、「許してやる」という発言まで飛び出した。

関連キーワード

TBS

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。