>  > “呪文”で糖尿病7歳殺害の自称・祈祷師と接触した女が暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

呪文

,

祈祷師

,

糖尿病

tonyobyou1127.jpg
画像は、「ANNnewsCH」より

 糖尿病の小学生に対し“治療”と称して呪文を唱え、インスリン投与を止めさせたことで死亡させたとして、自称祈祷師で会社役員の近藤弘治容疑者が殺人容疑で逮捕された。この祈祷師、数年前は有名タレントと一緒に写った写真を自慢げに持っていたという話があり、タレント本人に無断で自己宣伝に利用していた疑いもある。

「私はあらゆる病気を治せる特殊な力がある竜神だ」

 近藤容疑者はそう自称し、今年4月上旬ごろ、少年の両親から200万円の報酬を受けとって治療と称する行為を始めたが、両親にインスリン投与をやめさせたことで同27日に少年が死亡した。

 この容疑者の“祈祷”を受けたことがあるという占い師の女性、麻梨奈さんによると「5年前、宇都宮市内で路上占いをやっていたときに(容疑者から)『占いのパワーが弱いから客が集まらない』と声をかけられました。そのとき見せられたのが女性タレントの手島優さんやギャル曽根と一緒に写ったという写真だった」という。

「このタレントは自分が祈祷して成功したんだと言っていて、パワーがほしければ100万円が必要だと言われました。そのとき私はまだ駆け出しで財力がなかったので断ったんですが、1カ月ほど経ってまた現れ、いまなら30万円でやってもいいと言われました」

 麻梨奈さんはこのディスカウント価格で祈祷をしてもらうことになったが、容疑者はロウソクの点けた部屋でオーバーな身振り手振りによる呪文を大声で唱え、祈祷はおよそ5分ぐらいで終わったという。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年12月 2日 01:23 | 返信

この祈祷師もバカだが、殺されたこの両親は大馬鹿だ。
親の資格ゼロ。人間としても失格。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。