• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1602_mafia_00.jpg
画像は、MsSaraKelly Mafia by Broken Fingaz/from Flickr CC BY 2.0

 1990年にアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された映画『ゴッドファーザー』。マーロン・ブランド演じるマフィアのボス、ドン・ヴィトー・コルレオーネを中心とした「コルレオーネ一家」を描き、アカデミー賞作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞した名作だ。『ゴッドファーザー』はフィクションなのだが、実はヴィトー・コルレオーネのような伝説的な首領(ドン)は実在する。今回はそんな伝説的なドン5人を紹介していこう。


●ヴィト・カッショ・フェロ(Vito Cascio Ferro)

1602_mafia_01.jpg
画像は、「Wikipedia」より

 イタリアのシチリア・マフィアの中で、“ボスの中のボス”と呼ばれた男。表社会では上流社会の名士として知られていたが、裏ではマフィアのボスとして君臨した。1914年までに恐喝・誘拐・放火などのあらゆる嫌疑をかけられていたが、そのすべてで無罪放免になっている。しかし、1922年に起きた殺人事件の首謀者として拘束され、終身刑の判決が下された。しかし、刑務所の中でもその脅威は衰えることなく、シチリア・マフィアに影響を与えていたが、1943年に心臓麻痺で死亡した。シチリアの民衆からも尊敬されていたという彼が独房にしたためた言葉は、防護ガラスに覆われ何年も残っていたという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。