>  > 米軍の核兵器管理はフロッピーディスク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 2ミリくらいの薄いプラスチックのケースに入った、縦横10センチ程度の記憶媒体。3.5インチフロッピーディスクは、もしかしたら、今どきの子どもたちは見たことさえないかもしれない。


■国防総省のシステムで、今もフロッピーディスクが使われている

 3.5インチフロッピーディスクの中で、過去もっとも普及した1.44MBのディスクでさえ、今や1000円も出せば買える32GBのマイクロSDカードの約2万3千分の1の容量しかない。

 この、加速度的に進化しているコンピュータ及び周辺環境のなかで、誰もがハイテクの最先端をひた走っているのだろうと考えているアメリカ国防総省(ペンタゴン)のシステムが、実はいまだにフロッピーディスクを使用しているという事実は衝撃的である。

 イギリスの「Mirror」紙のレポートによれば、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や、核爆撃機、空中給油支援航空機などは、いまだに1970年代のコンピュータシステムであるIBMの「シリーズ1コンピュータ」と8インチフロッピーディスクによって管理されているとのこと。これは、アメリカ政府の公式文書にも記載されている事実ということである。ペンタゴンによれば、このシステムは目的のためには十分であるし、いまだにきちんと動いているとのこと。

8inchfloppydisk1.JPG
画像は「Wikipedia」より

 しかし会計監査院は、ペンタゴンではこのレガシーシステムのメンテナンスに年間約61億ドルという、モダンシステムの3倍以上の費用がかかっているとして、この国防省をはじめいくつか残されているレガシーシステムを使用している政府機関は、早急にシステムを変更することが望ましいとしている。

コメント

1:匿名2017年9月29日 14:20 | 返信

北朝鮮のミサイルはWindows98でコマンドするらしい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。