>  > 1年間で5回も隕石が落下した男!6回目も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 天体の衝突から地球環境を護ることを目的とするNPO法人「日本スペースガード協会」の試算だと1913〜2013年の100年間に、確認されているだけで605個、日本には20個の隕石が落下したと推測されている。


■1年間に6個の隕石が落ちた男

bosniameteor_02.jpg
チェリャビンスクの隕石「Space.com」より引用

 5年に1個は意外に多いと思うかもしれないが、「National Geographic」誌の試算によると、人が一生の間に局地的な隕石、小惑星彗星の衝突で死亡する確率は「160万分の1」、落雷で死亡する確率13万5000分の1と比べれば、その確率の低さが分かるだろう。

 トカナでも今年2月にインドで隕石落下による死亡例をお伝えしたが、今までに報告されている隕石の直撃は2件だけだそうだ。2013年ロシア・チェリャビンスク州に落下したような大規模な隕石ならば別だが、隕石の落下を目撃することさえ普通は起こらない。

bosniameteor_05.jpg
画像は「24sata」より引用

 しかし信じがたい不運に見舞われる人もいるものだ。ボスニア北部Gornji Lajici在住の男性Radivoke Lajic氏(50)の自宅には2007〜2008年のたった1年間に、なんと、5個もの隕石が落下したというのだ。そして、2010年には6個目が見事命中した。

 それにしても、これほど低確率の出来事がそうそう連続して起こるとは怪しい。イタズラではないだろうか? 

bosniameteor_06.jpg
画像は「24sata」より引用

 その後、自宅に落ちた隕石はセルビアのベオグラード大学で詳細に検査されたが、やはり正真正銘の隕石だと判明。これには、Lajic氏も頭を抱えたという。

コメント

1:匿名2016年9月 9日 23:26 | 返信

宇宙船内で腹抱えて笑ってるかも

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。