1年間で5回も隕石が落下した男!6度目の命中に「宇宙人に狙われている」=ボスニア

 天体の衝突から地球環境を護ることを目的とするNPO法人「日本スペースガード協会」の試算だと1913〜2013年の100年間に、確認されているだけで605個、日本には20個の隕石が落下したと推測されている。


■1年間に6個の隕石が落ちた男

 5年に1個は意外に多いと思うかもしれないが、「National Geographic」誌の試算によると、人が一生の間に局地的な隕石、小惑星彗星の衝突で死亡する確率は「160万分の1」、落雷で死亡する確率13万5000分の1と比べれば、その確率の低さが分かるだろう。

 トカナでも今年2月にインドで隕石落下による死亡例をお伝えしたが、今までに報告されている隕石の直撃は2件だけだそうだ。2013年ロシア・チェリャビンスク州に落下したような大規模な隕石ならば別だが、隕石の落下を目撃することさえ普通は起こらない。

1年間で5回も隕石が落下した男!6度目の命中に「宇宙人に狙われている」=ボスニアの画像1画像は「24sata」より引用

 しかし信じがたい不運に見舞われる人もいるものだ。ボスニア北部Gornji Lajici在住の男性Radivoke Lajic氏(50)の自宅には2007〜2008年のたった1年間に、なんと、5個もの隕石が落下したというのだ。そして、2010年には6個目が見事命中した。

 それにしても、これほど低確率の出来事がそうそう連続して起こるとは怪しい。イタズラではないだろうか? 

1年間で5回も隕石が落下した男!6度目の命中に「宇宙人に狙われている」=ボスニアの画像2画像は「24sata」より引用

 その後、自宅に落ちた隕石はセルビアのベオグラード大学で詳細に検査されたが、やはり正真正銘の隕石だと判明。これには、Lajic氏も頭を抱えたという。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

1年間で5回も隕石が落下した男!6度目の命中に「宇宙人に狙われている」=ボスニアのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル