>  >  > 【許しがたいレベル】日本、ロシアの“黒い”銀行に40億円融資決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

プーチン

,

二島返還

,

今井尚哉

,

北方領土

Cerimônia_de_encerramento_dos_Jogos_Olímpicos_Rio_2016_1039534-21082016-_mg_8618.jpg
画像は、Wikipediaより

 自らのレガシーを作るため“だけ”に動いている安倍首相が、誰に操られ、そして今後いかにして「北方領土二島返還」を決定させ、どのようなタイミングで解散総選挙を行うのか……日本国民が知るべき裏の情報をトカナ編集部が政府関係者に直撃したところ、驚くべき実態が明らかになった――。

 10月16日、新潟知事選において与党が推薦した候補が敗北した「新潟ショック」は、解散・総選挙への戦略に影響するとみられ、一部メディアでは「年末・年始に解散総選挙の可能性が高まる」と報じられた。

「はっきり申し上げます。年末・年始解散総選挙はあり得ません。TPP承認案をめぐる問題や、北方領土の二島返還論など、今は保守派にとって嫌な外交や政策が続いているので、自民党の支持基盤も揺らいでいる時期。そんなときに解散総選挙をするわけがなく、恐らく、来年秋以降となるでしょう」(政府関係者)

 あまり知られていないが、12月15日のプーチン訪日に向けて、日本では大きな動きがあった。日本政府100%出資の特殊銀行である国際協力銀行(JBIC)が年内に、ロシア最大手銀行のズベルバンクに約40億円を単独融資することが決まったのだ。

JBICが単独融資することは異例中の異例です。しかも、ロシアのズベルバンク銀行はあの『パナマ文書』にも名前が挙げられたいわくつきの銀行で、ウクライナ危機を機に、欧米では制裁対象にもなっています。そこに日本が40億円の融資を決定したのですから、北方領土返還交渉に向けた大きな動きであるのは間違いありません」(同)

「制裁対象銀行に融資できたのは、大統領選挙を目前に控えたアメリカが政治的な空白を迎えているからでしょう。こうした外交戦略を練っているのは、現在政策の大部分をコントロールしているといわれる内閣総理大臣秘書官・今井尚哉です。経産省出身の今井は、北方領土返還をめぐる対ロシア経済協力を具体化するため新設された『ロシア経済分野協力担当相』に世耕弘成経済産業相を据え、完全にコントロール下においている状態です」(同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。