>  >  > “アイコンタクト”に幻覚作用!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

“視線”に関する研究が進んでいる。その中でも特に、他者と瞳を見つめ合う“アイコンタクト”状態について、昨今いくつか興味深い研究結果が報告されている。


■10分のアイコンタクトで幻覚作用

 雑誌の表紙や音楽CDのジャケットに共通する傾向がある。それは多くの場合、正面を向いたアップの顔写真が使われていることだ。人間は自分を見ている視線にきわめて敏感で、すぐさま視線の“発信源”を検知することができるという。これは他者や肉食獣から“獲物”として狙われた場合、いちはやく気づいて対処するために人類が獲得した能力だと説明されている。

 表紙に正面を向いた顔の写真やイラストが使われている雑誌は、いわば棚からこちらに視線を送っていることになり、近づいた者に気づかれやすいのである。そしてもちろん、興味を引くことに成功した場合は手に取られることになり購入へと結びつくのだ。

eyecontact1.JPG
Collective Evolution」の記事より

 かくも強烈な影響力を持つ“視線”だが、あまりにもパワフルであるだけに、その扱いにはやはり注意が必要なようである。あまりに長く“アイコンタクト”状態を続けると幻覚を見かねないというから大変な話だ。

 伊・ウルビーノ大学の心理学者、ジョヴァンニ・カプート氏が率いる研究チームが昨年発表した研究では、“アイコンタクト”が意識の変容をもたらすことを指摘している。

 研究では実験参加者20名を対象に、2人1組で向かい合った椅子に座ってお互いの瞳を10分間見つめてもらった。つまり“アイコンタクト”状態を維持し続けたのである。

 その後、いくつかの質問に答えてもらったのだが、アイコンタクトの10分間に、多くの参加者が幻覚体験をしていたことがわかった。実に90%の参加者が、見つめているうちに相手の顔が変形してきたと答えており、そして50%が相手の顔に自分の顔を認めたと話し、また15%は親族の顔が見えたと断言している。なかには神秘的な“体外離脱”を体験したという声もあったという。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年12月17日 18:00 | 返信

テレパシーが使えてるっぽい。
動物たちみたいに。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。