>  >  > “若さを保つ液体”の中の800万年前ミイラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 世界中で発見されている古代ミイラは今からどのくらい昔のものだろうか。かのツタンカーメンのミイラは3000年以上前のもので、氷河の中で発見されたアイスマンの別名を持つミイラは5300年ほど前、そして現在までで最古のものといわれているチンチョロ人のミイラは7000年前のものと推定されている。

 ところが以前ロシアで発見されたミイラはなんとそれらをはるかに上回る、800万年前(!)のものではないかという驚きのニュースが――。


■1969年にシベリアで発見された“眠れる美女”

 世界中のUFO情報や宇宙の謎を追い続け、自身のブログ「UFO Sightings Daily」で発表しているUFO研究家のスコット・ウェアリング氏によると、このミイラはまだ人類が地球上に存在していない時代のエイリアンの女性であり、さらにはエイリアンの特殊な不老不死技術によって生存状態を保たれていたのではないかというのだが……。

 事の始まりは1969年9月、露シベリア連邦管区にあるケメロヴォ地区の村でとても奇妙な墓が見つかったことだ。炭鉱で石炭の採鉱作業をしていたひとりの坑夫が、地下70メートル付近で大理石の棺を発見したのである。

 すぐに採掘作業は中断され棺は地上へと引き上げられたが、棺は正確な機械的構造をしており、蓋は既に化石化しているがパテで封をされている状態であった。その時風はそんなに強くなかったが、太陽熱の影響もありパテは溶けて流れてしまったという。

 その場にいた人々は思わず息を飲んだ。棺の中はピンクがかったブルーの透明な液体がふちのギリギリまで溢れそうに入っており、中にあったダークブラウンの布で覆われたものを丁寧に剥いでいくと横たえられた美女が現れたのである。

800millionyears1.JPG
画像は、発見当時のイメージ画「YouTube」より

 女性は細身で推定30歳ほど、大きな青い瞳のヨーロッパ系の顔立ちをしていたという。袖に色鮮やかな花の刺繍が施され、ひざ下丈の白いレースが透けているドレスを着ていたが、下着類は身につけていなかった。

 死んでいるのではなく、ただただ、まるで眠っているだけのように見えたということだ。頭のそばには、携帯のような角の丸い、約25センチ×10センチほどの黒くて四角い金属の箱が置いてあったようだ。

 半日後には棺の蓋は完全に開けられ、村中の人たちが我先にと見学に押し寄せた。そして24時間以内には、この不可思議な発見のニュースは地区の全域にまで広まることとなったのである。

 消防団や軍隊、民兵隊までもが真偽を確かめにやってきてついにはヘリも到着し、伝染病の恐れがあるとして付近にいた野次馬は遠ざけられてしまった。事態を重く見た当局は現場を封鎖し、棺に触れた者をはじめ、近くにいた見物者全員を隔離したという。

コメント

7:匿名2017年10月 5日 12:55 | 返信

800万年前ってまだホモサピエンスとかいなかったんじゃ(・_・?

6:匿名2017年6月24日 12:00 | 返信

※4
瞼は手で開けるから

5:匿名わたし2017年2月 5日 01:55 | 返信

永遠の若さ在れば現在の私達の目のまへに現れてこそ価値観が違えど生活する上で何ら不自由な亊は無いのかも知れません

4:匿名2017年2月 4日 12:09 | 返信

眠ってるように見えるのに青い目だと分かったんだな

3:匿名2017年1月25日 04:24 | 返信

カラパイアで10日くらい前に見た記事だな・・・

2:匿名2017年1月24日 12:31 | 返信

800万年はいいけど、その数字はどうやってはじき出したんでしょうか?

1:匿名2017年1月24日 12:11 | 返信

ちなみに、発見当時のイメージ画像に使われている画像は、1987年の映画「スノーホワイト」の1シーンですねw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。