>  >  > 国際宇宙ステーションが謎の“赤い閃光”を激撮!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 つい先日、NASA宇宙飛行士が「ISS(国際宇宙ステーション)」のカメラが捉えたUFOを手で覆い隠し、UFOコミュニティが沸き立ったばかりだが、隠蔽工作空しく、またしてもISSが不可解な物体を撮影してしまったとの情報が舞い込んできた。

 問題の動画は、UFO情報を追うYouTubeチャンネル「Streetcap1」が2月10日に公開。すると、有名UFO研究家も関心を示し、大きな話題となっている。なにはともあれ、まずは動画をご覧頂こう。

動画は「YouTube」より引用
redflash_01.jpg
画像は「YouTube」より引用

 一瞬映り込んだ真っ赤な閃光にお気づきになられただろうか? コンマ数秒ほどの出来事なので、見逃してしまった読者は再度動画を注意深くご覧になって頂きたい。

 あまりにも強烈な光のため、地球から発せられたとは考え難そうだ。ISSに近い宇宙空間に光源があるとみた方が良いだろう。しかし、不気味なことに、周囲に光源となるようなものは一切ない。発見者の「Streetcap1」も、「これが何かは皆目検討もつかない」とお手あげの様子。

 しかし、世界的に著名なUFO研究家スコット・ウェアリング氏には、この物体の正体がはっきりと分かっているようだ。氏のコメントを引用しよう。

「こういった物体は赤色だけでなく、様々な色で出現します。形も丸、四角、長方形から葉巻型まであります。非常に小さい物体で、カメラの前を横切る僅かな瞬間しか見ることができません。90度の直角飛行をすることもしばしばあります。このような動きは小型隕石などの無機物には不可能です。しかし、宇宙空間で誕生した生命ならば可能でしょう」

コメント

4:匿名2017年2月14日 16:57 | 返信

>>3

じゃあ、その前に光ってる白っぽい光は何?

3:匿名2017年2月14日 16:26 | 返信

実はISSにはHAL2000が搭載されている。
秘密だったのに、その赤い光が反射して写り込んでしまったようだ。
これからのトカナの続報に期待したい。

2:匿名2017年2月14日 12:18 | 返信

議論は紛糾していないと思うのだが。
だって、NASAに相手にされていないんだから。
たぶん、続報も無い。

1:たか2017年2月14日 12:07 | 返信

雲は無いと書いているけど、雲はあるよね。レッドスプライトは雲の上空100キロぐらいのところにできるものだし。それと、赤い閃光の前に白い小さな閃光も映っている。くらげのような足は下に伸びるものだから、角度によっては映らないけれど、赤い閃光の右上に伸びている部分が見える。レッドスプライトの可能性はあると思う。また、ISSの何かの内部的な光が写った可能性はないのだろうか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。