>  >  > 宇宙人の存在を公言しているVIP10人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
UFOyear.jpg
画像は「Disclose.tv」より引用

 メインストリームのサイエンスと各国政府の見解では、今なお地球外知的生命体の存在は確認されていないことになっている。だが今年は、これまで厳重に包み隠されてきた“真相”がいよいよ公になるのではないかとUFOコミュニティでは盛り上がりを見せているようだ。


■今年は人類史における“UFO元年”となるのか

 地球外知的生命体の実在を公言しているアポロ14号の宇宙飛行士だったエドガー・ミッチェル氏は、アメリカ政府は1940年代から今に至るまで宇宙人の存在を隠蔽していると指摘している。60年以上も隠し通してきた政府だが、今年はいよいよその固く閉ざされた扉が開く事態を迎えるのはないかと囁かれているのだ。

 そこで「Disclose.tv」や「Mysterious Earth」などの複数のオルタナティブメディアが、これまで高い社会的地位にありながら地球外知的生命体やUFOについて個人的な発言を行った勇気ある有名人の名を挙げている。彼らの発言が遂に日の目を見る時は近いということなのだろうか。

●ジミー・カーター(第39代米大統領)
 1976年の大統領選挙期間中、カーターは選挙演説の中でUFOを目撃した体験を語っている。「大統領になった暁には、UFO現象に関する機密情報を一般や科学者たちに利用可能なものにします」と主張していた。しかし大統領就任後、その“UFO公約”は実現されることはなかったのだが……。

●ロナルド・レーガン(第40代米大統領)
 ロナルド・レーガンは、大統領就任中の1987年、国連でUFOについて言及している。「もし地球外から来るエイリアンの脅威に直面したなら、我々の世界のイデオロギーの相違がどれほど急激に消滅するかと、時折私は考えています」。

officialdisclosure1.JPG
ロナルド・レーガン元大統領 画像は「Wwikipedia」より

●ビル・クリントン(第42代米大統領)
 大統領就任中にもUFO情報に関心を持っていたといわれるビル・クリントンだが、2014年に出演したトーク番組での発言は世間を驚かせるものになった。「“エリア51”を調べたがエイリアンはいなかった」と証言したのだ。大統領就任中にビル・クリントンは極秘にUFO・エイリアン調査を行っていたことになる。

コメント

3:匿名2017年3月26日 00:05 | 返信

>>1

かなりいい線いってるね

2:匿名2017年3月25日 19:49 | 返信

アメリカでテレビニュースで普通に放送してた、パラシュートが開かなくて墜落したNASAのテストカプセルだよ、しんじ

1:匿名2017年3月25日 14:41 | 返信

宇宙人かぁ。宇宙人ブームあるんかね。
エイリアンのふりした頭いい人達の集団の方がこちらとしては現実味あるけどね。
よっ!国家的詐欺!なんつって。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。