宇宙人の実在を公言した要人10人がヤバイ! エイリアンの地球来訪が公式認定される「UFO元年」到来へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

●バラク・オバマ(第44代米大統領)
 バラク・オバマは近年まれに見るUFO発言の多い大統領だった。特にテレビのトーク番組に出演したときのUFO発言が目立っていて、子どもから鋭い質問が飛ぶ『エレンの部屋』や、お笑い系トーク番組の『Jimmy Kimmel Live!』などでユーモアを交えながらもきわどいUFO・宇宙人発言を繰り返している。だが、いずれも結論としては「私からは何も言えない」というスタンスのオバマには明らかに何らかの圧力が働いていることが指摘されている。

オバマ大統領(当時)の“UFO発言” 動画は「Jimmy Kimmel Live」より

●ヒラリー・クリントン
 ヒラリー・クリントンは大統領選挙戦以前から政府の“極秘UFOファイル”の開示を求めていたことで知られている。大統領選期間中にもこれらのUFO・エイリアンに関連する機密情報を公開すると“公約”に掲げていたことも記憶に新しい。

officialdisclosure2.JPGヒラリー・クリントン 画像は「THE OTHERS」より

●ジョン・ポデスタ
 ビル・クリントン政権や前オバマ政権において、大統領補佐官や上級顧問を歴任、ヒラリー・クリントンのブレーンでもあったジョン・ポデスタ氏もまた数々のUFO発言で有名だ。昨年の大統領選挙戦中にはウィキリークスによって、エドガー・ミッチェル元宇宙飛行士との間に交わした地球外知的生命体に関する内容のメールが暴露されている。

●ポール・ヘリヤー(元カナダ国防相)
 1963~67年の任期でカナダの国防相を務めたポール・ヘリヤー氏は2005年に初めてUFOの存在を公言。「宇宙人は何千年も前から地球を訪れており、我々の科学技術の進歩は宇宙人の恩恵によるものだ」と宇宙人の存在を隠蔽しようとする政府の姿勢を批判し、広く世に向けてUFOと宇宙人への理解を呼びかけている。

defenseminister1.JPGカナダ元国防相ポール・ヘリヤー氏 画像は「YouTube」より

コメント

3:匿名 2017年3月26日 00:05 | 返信

>> 1

かなりいい線いってるね

2:匿名 2017年3月25日 19:49 | 返信

アメリカでテレビニュースで普通に放送してた、パラシュートが開かなくて墜落したNASAのテストカプセルだよ、しんじ

1:匿名 2017年3月25日 14:41 | 返信

宇宙人かぁ。宇宙人ブームあるんかね。
エイリアンのふりした頭いい人達の集団の方がこちらとしては現実味あるけどね。
よっ!国家的詐欺!なんつって。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。