>  >  > 「宇宙人の死体安置所見た」元米空軍職員が決死の暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 UFO好きなら一度は聞いたことがあるであろう、米オハイオ州に位置するライト・パターソン空軍基地。かねてより、「Jロッド」と呼ばれる宇宙人などが同基地内に存在すると囁かれてきたが、この度、またしても驚愕の暴露情報が舞い込んできた。

 オルタナティブニュースメディアによると、ライト・パターソン空軍基地に勤めていた米空軍元職員が、匿名を条件に同基地に隠された秘密の暴露に踏み切ったという。驚くべきことに、基地の地下に「宇宙人の遺体を保管する貯蔵庫」が存在するというのだ!

「宇宙人の死体安置所を見た」元米空軍職員が決死の暴露! ライト・パターソン空軍基地に隠された極秘地下施設の謎の画像1
ライト・パターソン空軍基地「Wikipedia」より引用


■空軍基地に隠された宇宙人の死体安置所

 1988年の冬の晩、当時27歳だった告発者は、それまで一度も足を踏み入れたことのない基地内の武器貯蔵庫に行くよう唐突に指示されたという。すぐにその建物に向かうと、奇妙なほど声が甲高い、ダークスーツに身を包んだMIB風の男3人にエレベーターで地下まで連れていかれ、ある地下貯蔵庫に入るよう促されたそうだ。

 中に入り周囲を見渡すと、およそ武器貯蔵庫にはありそうもない、巨大な頭、真っ黒い瞳、切り裂かれた細い上半身が眼に入ったという。そこは、エイリアンの死体置き場だったのだ。詳細は不明だが、体が激しく損傷していたと証言していることから、墜落事故で死亡したエイリアンの死体置き場だったのかもしれない。

「宇宙人の死体安置所を見た」元米空軍職員が決死の暴露! ライト・パターソン空軍基地に隠された極秘地下施設の謎の画像2
画像は「Disclose.tv」より引用

 驚きの現場を目撃した告発者は、すぐに別の隠し部屋に連れていかれ、秘密を厳守する旨の誓約書にサインするよう言われたそうだ。もし、そこで見たことを口外した場合、国家機密漏えいで起訴されると記されていたという。サインし終えると、建物から出ることを許され、何事も無かったかのように元の仕事に戻ったという。

コメント

4:匿名2017年6月 7日 05:14 | 返信

どう見ても見世物小屋に治めるゴム人形の売れ残り在庫って感じ。

3:匿名2017年4月12日 01:01 | 返信

このサイトだんだんコメント少なくなってきたな。

2:匿名2017年4月11日 01:02 | 返信

これを信じるやつはよっぽど心が綺麗な純粋ちゃんなんだろうなw
架空請求にも騙されないように気をつけろよw

1:匿名2017年4月10日 22:12 | 返信

プッw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。