>  >  > 山間の集落で行われたネクロマンティック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
kishu07132_01.jpg

 男女の情愛というものは、そもそもその当事者間でしか理解できるものではなく、それは時として不可思議な行為を生み出すものだ。現在、神奈川県東部のとある都市に住む末次隆一郎さん(仮名・91)は、そんな“男女の情愛”が元となって広まった奇妙な儀式について知る貴重な生き証人の一人だ。

「そうですね、あれは私がまだ6つか7つくらいの頃だったと思いますから、もうね、随分と昔の話になりますけれどもね、当時、私のいた村ではね、死んだ女房や娘の遺体を掘り起こすっていう、おかしな儀式がありましてね。ええ、そうです、一度埋葬したのに、それを掘り返すんです」

 末次さんによると、彼が生まれ育った中部地方のとある山間の集落では、女性が死亡した際に、一度、通常の葬儀や埋葬が行われた後で、わざわざその遺体を掘り返し、その親族男性によって“秘密の儀式”が行われていたのだという。

「掘り起こすのはね、埋葬した日の晩と決まっていまして。その時は、村に流れる川のね、河川敷の部落の人、たしか“カワボウ”とか“カーボウ”とかって呼ばれている人らがですね、人足として借り出される形で行いましてね。それをその家の旦那さんだったり、父親だったりがね、家に背負って帰ると」

 掘り起こされて家へと運び込まれた女性の遺体は、その後、丁寧に湯で洗われ、女衆によって化粧直しをされた後、家の奥まった場所にある部屋へと運ばれる。そして、妻は夫が、娘は父親がという具合に、故人女性との縁が最も深い親族男性が、朝まで儀式を行うこととなるのだという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。