>  >  > オカルト否定派の医師激白「臨死体験で“地獄の淵”に落とされた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
DrParti.jpg
画像は「Disclose.tv」より引用

 それまでの人生がガラリと変わってしまう転機となる貴重な体験にはさまざまなケースがあるが、それがもし、臨死体験だったら……。


■死後の世界“否定論者”の医師が緊急手術で臨死体験!

 臨死体験――。死にギリギリまで近づいた体験のことで、現代科学ではまだ説明できない現象ではあるが、多くの人々がその不思議な体験を語っている。ある調査によれば、アメリカ国内だけでも1年間に20万もの人々が臨死体験を報告しているというから驚きだ。その中には、後の人生を大きく方向転換させる臨死体験もあるという。

 米・カリフォルニア州にあるベーカーズフィールド・ハート病院の麻酔医であるラジブ・パルティ医師も、それまでの人生を一変させる貴重な臨死体験を経た一人だ。

raphaelandmichael1.JPG
ラジブ・パルティ医師 画像は「YouTube」より

 麻酔医という職業柄、これまでパルティ医師は手術を終えた患者からうんざりするほど臨死体験を聞かされていた。話にはいくつかのパターンがあり、別の世界に運ばれたという体験や、身体から意識が抜け出て手術台に横たわる自分を上から見ていたという話が多かった。しかしどんなに臨死体験の話を聞かされても、パルティ医師は一度も臨死体験が存在すると信じたことはなかった。そう、自身が体験するまでは――。

 実はパルティ医師は9年前から前立腺がんを患っており、これまで幾度か手術を受けていた。しかし症状は悪くなるばかりで、ある日ついに緊急手術を受けるまでに悪化したのだった。そしてこの時の手術中、今まで患者から聞かされ続けてきた臨死体験を、パルティ医師が身をもって経験することになったのだ。

コメント

2:匿名2017年9月16日 23:29 | 返信

金正恩にぜひ体験させたいものだ。

1:匿名2017年8月 3日 06:58 | 返信

良い記事じゃないか、しんじ
TOCANA的なクズ記事よりも、こういうのを書いて小銭をかせがなきゃ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。