>  > 実習船「青雲丸」で起きている“連鎖自殺”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
SEIUNMARU.jpg
画像は、「News24h」より

 連鎖自殺か――。独立行政法人「海技教育機構」(横浜市)の練習船「青雲丸」で、7月から3人の男子実習生が立て続けに自殺や自殺未遂を図っていたことが分かった。3人は機構が運営する海技大学校の2年生。最初の異変が起きたのは7月13日。19歳の実習生が香川県の小豆島沖に停泊中、船から海に飛び込み自殺を図った。その後救出され、幸いにも一命は取りとめたが「船に乗るのが嫌になった。船員の仕事に対して不安を抱えていた」と説明しているという。

 すると、今度は20代の別の実習生が神戸港で下船後、行方不明となった。進路について悩んでいる様子だったそうで、上官が慌てて両親に相談するも、見つからず、7月28日に名古屋市内で自殺しているのが見つかった。

 それから数日後の30日には、21歳の実習生が名古屋港での自由時間中に音信不通に。家族らに「失踪する。このまま船の道に進みたくない」などとメールを残していた。現在も男性は見つかっていないが、8月に本人名義で携帯電話が新規契約されていることから、命に別状はないようだ。

 短期間に立て続けに3名の実習生が自殺行為や失踪するとはタダごとではない。ネット上ではいじめや上官によるパワハラもウワサされているが、青雲丸の実習生とおぼしき男性のツイッターには「青雲丸、乗船中の自分言っていいすか? 今クソ緩いっすよ」「教官はいい人多い」という証言も。別の実習生のツイッターでは、自殺行為を起こしたメンバーのメンタル面に問題があったことをうかがわせる投稿もあった。

 仮にいじめやパワハラでないとすると、何が原因なのか? ある臨床心理士は「航海士の訓練は緊張の連続で、常に強いストレス下にある。逃げ出したくても、海しかない。携帯電話の電波は届かず、世間と隔離された環境にある。メンタルの弱い10代~20代前半の方だと不安障害を引き起こす可能性があります」と話す。不安障害に陥ると、何もかもネガティブ志向になり、最悪のケースでは現実から逃れるために“自死”を選ぶこともある。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。