>  > 二次元物質「グラフェン」が永久機関になる可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 家電や電子機器などは近年目覚しい省電力化を遂げているが、この流れは今後もさらに続きそうだ。そして近い将来、モバイル機器ではバッテリーそのものが必要なくなるかもしれない!?


■“夢の新素材”グラフェンとは

「2次元物質」という言葉は厳密には形容矛盾だろう。なぜなら物質として姿かたちのあるものは、もはや2次元の存在ではないからだ。しかしそれでも、2次元物質という形容がふさわしく思える素材が2004年に利用可能になったグラフェンである。

electricgraphene1.JPG
グラフェン 画像は「IFL Science」より

 まさに2次元と言っても過言ではない1原子分の厚さ(0.332ナノメートル)で、構造は六角形の網目の金網状であるグラフェンだが、ダイヤモンドよりも硬いと考えられ、熱伝導、電気伝導に優れていることからさまざまな分野への活用が期待されている“夢の新素材”だ。

 入手も容易で、鉛筆の芯の原材料にもなる安価な鉱物であるグラファイトから採取することができる。紙の上の鉛筆の筆跡からセロハンテープを使ってグラフェンを引き剥がすこともできるのだ。

electricgraphene2.JPG
IFL Science」の記事より

 そして今年の新年早々には米・マサチューセッツ工科大学の研究チームがグラフェンの3D化に成功し、極めて強靭な3次元構造体の開発への道を拓いている。

 ますます可能性が広がるグラフェンなのだが、なんと今度は限りなくクリーンな無尽蔵のエネルギー源として活用できる可能性が急浮上してきたのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。