>  > 4000年前から存在する「エニアグラム」診断テスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 己をもっと深く知りたいと思う人は多い。IQテストや心理テスト、占星術や手相占いが人気なのはそれゆえだろう。それでは自分をもっと良く知る為のテスト「エニアグラム(Enneagram Personality)」をご存じだろうか。


■エニアグラムの起源

 エニアとはギリシャ語の「9」、グラムは「図」を意味し、円周を9等分して作られる象徴図形を指す。「エニアグラムテスト」とは、このエニアグラム図形を使って、人間の性格を9種類に分類する性格論である。

 このテストの起源には諸説あるが、明確な記録は無い。約4000年以上前の古代ギリシャ説や古代エジプト説、また古代キリスト教やスーフィー教を起源とする説もある。

enneagramtest1.JPG
Disclose.tv」の記事より

 エニアグラムテストは古いタイプの性格テストでありながら、現在使われている性格テストに多くの影響を与えている。エニアグラム性格論は1960年代に基礎が作られ、その後1970年代からアメリカで精神医学や心理学の研究者が注目して研究を重ね、理論を発展させた。

 人は誰でも1つのタイプに属するが、そのタイプが遺伝的に決定されているかどうかは分かっていない。しかし多くの研究者は、性格のタイプは出生時に既に存在していると考えている。


■エニアグラムの9つのタイプとその特徴

・タイプ1:改革者(The Reformer)
 常に物事をより良くしたいと考え、改革と改善を望む完璧主義者。良識的で理想主義。高潔。常に公正と正義を心がける。自己抑制的で怒りを内部にためやすい。

・このタイプの有名人:ヒラリー・クリントン、ガンジー、マンデラ

・タイプ2:援助者(The Helper)
 常に他の人に役立ちたいと考え、それに価値を見出す博愛者。社会意識が強く、外向的。同僚、配偶者、友人を助けようと努力をする。八方美人。所有欲が強い面もある。

・このタイプの有名人:スティービー・ワンダー、エリザベス・テーラー、ジョン・デンバー

・タイプ3:達成者(The Achiever)
 常に成功を追求し、賞賛されたいと考える。勤勉で競争力があり、目標追求に重点を置く。成功志向で実際的。適応力があり、卓越している。外面、外観を重要に感じる。目標を追求時には時に冷血、無慈悲になる。ちなみにアメリカは、この典型的な「達成者」社会と言われる。

・このタイプの有名人:ビル・クリントン、マドンナ、トニー・ブレア

コメント

1:匿名2017年12月14日 18:58 | 返信

全てに心当たりあるオイラは9人格?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。