• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 今からおよそ40年前の1977年2月、イギリス・ウェールズの小学校で複数の児童がUFOを目撃する事件が起きた。小学校の名前を取って「ブロードヘイブン事件」と呼ばれるこの一件、イギリスでも特に有名なUFO遭遇事例として知られている。子どもたちは一体何を目撃したのか――!?

0530broadhaven-4.jpg
画像は「BBC」より引用


■遊び場に姿を見せたUFO

 1977年4月2日のこと。英ウェールズ南西部ペンブルックシャー州にある海辺の田舎町ブロードヘイブンの小学校で事件は起きた。昼休み、学校近くの野原で遊んでいた児童がUFOに遭遇したのだ。昼休みが終わるため一旦学校に戻った児童たちだが、2時間後となる午後3時半頃、再びUFOを目撃した野原へと向かっている。

 当時10歳だったデヴィッド・デイヴィスさんも、友人に話を聞いてUFOを見に行った児童の1人だ。デイヴィスさんは、2017年のBBCウェールズのインタビューに対し、目撃したのは銀色をしたタバコ型の物体で、全体の3分の1くらいがドームに覆われていたと話す。

「私がそれを見たのは、ほんの数秒です。それはポンと現れて、すぐに木々の背後へと消えてしまったのです」(デイヴィスさん)

0530broadhaven-2.jpg
デイヴィスさんによる当時のスケッチ。画像は「BBC」より引用

 デイヴィスさんを含め、最終的に14人の児童がUFOを目撃した。当初、子どもたちの訴えを小学校の校長はまともに取り合わなかったが、教師の1人は木々の上に浮かぶ奇妙な物体を目撃し、響くような音を聞いたと証言している。

コメント

1:トランプ大統領2018年6月 4日 22:27 | 返信

本当にそんなのがいて
人に見られるようにわざとやっているとしたら、只の精神異常者だと思う。
まぁ、これはネタだと思うが、それでも頭の方がまともでない。
まともなエイリアンはそんな低次元なことはしないし、こんな地球に用はない。
もし、俺の前に現れて変なことを口走るもしくは妙な装置を俺に試して来たりしたら
いや確実に精神異常のコミュ障の可能性が高いだろうが
俺の話を聞かないで一方的に行動した場合はぶっ殺すしかない。
宇宙の平和のために死ねぇ!チョン公!とぶっ殺したいところだが
変な姿のそいつはターミネーターかもしれないのでたぶん逆にやばいことになる。
殺人光線を放ってきたりする場合があるので、何とか誘導して世に放つ。
もしできれば私は隠れてターミネーターが自爆するのを待つだろう。
確実にそいつには自爆装置がセットされているだろうから
乗り物ごと半径何キロと跡形もなく吹き飛ぶかもしれない。その方が面白い。
まるで、プレデターとターミネーターが融合したかのごとく
精神障害の宇宙人チョンとして人類を抹殺してくれるだろう。

おい!俺はそんな頭の悪い奴を呼んだ覚えはないぞ!不良品か?
私は言うことを聞くお世話ロボとクローンポプちんが欲しいのだ。
そんなイカレタ耳が長いエイリアンロボなど要らん。
不衛生そうだし、修理がしやすい安全で衛生的なロボットが欲しいのだ。
せっかく猫の仲間増やして、日本なのに全く違う文化を作り出して
スポーツでまったく違うやり方で次元の違いを見せてやろうとしているのに
そんな不良品を送られたらたまったもんではない。
私はバチカン市国みたいな日本に猫の国を作るのが夢だ。
そこで様々なポプちん流の製品なり、技術なりを作り出して
地盤を作ってから、チョンをどうするかを考えるのだ。
あんな一方的になんでもありきに物事を進めるなど、人間のやることではないし受け入れられん。
猫のみんなでよく考えてから決める。
私以外まともでないので、自分が増えるしかないのだ。これだけは譲れない。


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。