小学生14人がUFOとガチ遭遇「ブロードヘイブン事件」が謎すぎる! 12mの機体、赤い光、銀色宇宙人… 全英戦慄の歴史的事件!

 今からおよそ40年前の1977年2月、イギリス・ウェールズの小学校で複数の児童がUFOを目撃する事件が起きた。小学校の名前を取って「ブロードヘイブン事件」と呼ばれるこの一件、イギリスでも特に有名なUFO遭遇事例として知られている。子どもたちは一体何を目撃したのか――!?

小学生14人がUFOとガチ遭遇「ブロードヘイブン事件」が謎すぎる! 12mの機体、赤い光、銀色宇宙人… 全英戦慄の歴史的事件!の画像1画像は「BBC」より引用


■遊び場に姿を見せたUFO

 1977年4月2日のこと。英ウェールズ南西部ペンブルックシャー州にある海辺の田舎町ブロードヘイブンの小学校で事件は起きた。昼休み、学校近くの野原で遊んでいた児童がUFOに遭遇したのだ。昼休みが終わるため一旦学校に戻った児童たちだが、2時間後となる午後3時半頃、再びUFOを目撃した野原へと向かっている。

 当時10歳だったデヴィッド・デイヴィスさんも、友人に話を聞いてUFOを見に行った児童の1人だ。デイヴィスさんは、2017年のBBCウェールズのインタビューに対し、目撃したのは銀色をしたタバコ型の物体で、全体の3分の1くらいがドームに覆われていたと話す。

「私がそれを見たのは、ほんの数秒です。それはポンと現れて、すぐに木々の背後へと消えてしまったのです」(デイヴィスさん)

小学生14人がUFOとガチ遭遇「ブロードヘイブン事件」が謎すぎる! 12mの機体、赤い光、銀色宇宙人… 全英戦慄の歴史的事件!の画像2デイヴィスさんによる当時のスケッチ。画像は「BBC」より引用

 デイヴィスさんを含め、最終的に14人の児童がUFOを目撃した。当初、子どもたちの訴えを小学校の校長はまともに取り合わなかったが、教師の1人は木々の上に浮かぶ奇妙な物体を目撃し、響くような音を聞いたと証言している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ