• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 昨年10月、シリアのクルド人勢力が率いるシリア民主軍が、「イスラム国」が首都と称するシリア・ラッカを奪還し、事実上「イスラム国」は崩壊したとされる。だが、その残党は虎視眈々と次なるテロを計画しているようだ。


■W杯でメッシがテロの標的に!

 英紙「Daily Mail」(6月19日付)によると、現在ロシアで開催中のサッカー・ワールドカップ(W杯)を標的にしたテロの予告ポスターを「イスラム国」が公開したという。その1つには、オレンジ色の囚人服を着せられたアルゼンチン代表リオネル・メッシがピッチにひざまずく姿が描かれ、その隣には自爆用の爆弾を身につけた「イスラム国」兵士と思しき男まで描かれている。

【警告】サッカーW杯で「イスラム国」がメッシを狙ったテロ予告ポスターを公開! クリロナにも警告…目から血も!の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 そのスター性とインパクトから「イスラム国」はメッシを標的にしたポスターをこれまでにも制作しており、昨年も目から血を流したメッシのポスターが公開されている。そんなメッシも出場した先日のアルゼンチン対アイスランド戦ではテロは起こらなかったが、まだグループリーグ初戦を終えたばかりだ。今後も十分警戒する必要があるだろう。またもう一人のスター選手であるクリスティアーノ・ロナウドを描いたポスターも「イスラム国」は公開している。アルゼンチン戦なみならず、ポルトガル戦でも気は抜けない。

【警告】サッカーW杯で「イスラム国」がメッシを狙ったテロ予告ポスターを公開! クリロナにも警告…目から血も!の画像2
画像は「Sporting Tribune」より引用
【警告】サッカーW杯で「イスラム国」がメッシを狙ったテロ予告ポスターを公開! クリロナにも警告…目から血も!の画像3
画像は「The Sun」より引用

コメント

3:匿名2018年6月21日 08:07 | 返信

最近のTOCANAは当たらない地震予知と、UFOの誤認画像と、ISのプロパガンダばかり

2:トランプ大統領2018年6月21日 00:43 | 返信

>>1

俺はお前の首が欲しい。

1:匿名2018年6月20日 23:51 | 返信

ワールドカップにイスラム国が参加したら生首サッカーになりそう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。