「オレは世界一の短小」2.5センチのペニスをもつ男の苦し過ぎる人生 まさかの切断も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「オレは世界一の短小」2.5センチのペニスをもつ男の苦し過ぎる人生 まさかの切断も…
 ペニスの奇形は、世界で自分一人だけなのかもしれないという恐れに支配されてきた人生とは――。■60年におよぶ“短小コンプレックス” 今年62歳になるスティーブ・ベイカー氏は、尿道下裂と呼ばれる先天的な男性器の奇形の一種を患って生まれてきた。性器の奇形ということで、それを口にすることをためらっていた両親や、兄弟、そして医学的知識の足りなかった医師のために、彼は常に重い自己嫌悪、自己否定...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア