牛と獣姦、ヤギと結婚? 日本でも、人間以外との恋愛がプチブームの怪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

■日本にもいた! 非人間と恋人になりたい人たち

 筆者の周りにも愛犬と結婚したいというモデルがいる。

モデルA「私は色んな男に騙されたけど、やっぱり人間の男は裏切るね。最初はうまいこと言われても、『コイツは自分の女』だと自覚してからは、釣った魚に餌をくれないし、浮気もするしね。でも、犬は裏切らないし、嘘もつかないわ。結婚したいけど、日本の法律ではできないし…永遠の内縁ってとこかしら」

■マスコミ系男子に多い?

 さらに、動物ではなく、なんと「人形と結婚したい」というプロデユーサーの知人もいる。プロデューサーYは、自宅で身長150センチほどになる西洋美人の人形と同棲中。その人形を愛するがあまり、人形を主役にした映画も撮影している。

Y「この子は、どんな女よりも素直で可愛いんだ。どんな服を着せても似合うし、服装によって表情を変えるんだ」

 Yは毎日人形の服を着せ替えているそうだ。

Y「性器もリアルで綺麗なんだよ。この子がいれば、もう人間の女は要らないね」

 実は「ダッチワイフの方が人間の女よりいい」と主張する男性は筆者の周りで少なくなく、特に、プロデューサーやカメラマンなど、業界系の男性に多い。芸能界の女性には野心家が多い傾向があるが、そのようなギラギラした女性が嫌になって、正反対の“おとなしい人形”への愛情に目覚めたのかもしれない。

 草食男子、女装男子、肉食女子、ノマドセックス女子…など、多種多様な恋愛観を持つ男女が増えてきた現代であるが、その広がりはさらに加速しているようだ。人類は今後どこまで恋愛対象の幅が幅広くなるのだろうか――、今後が見ものである。
(文=深月ユリア)

fukatukiyuria.jpg

■深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。

・参考記事:【衝撃】イルカとの性的関係を赤裸々に告白する人々!! 「足や手に体をこすりつけて……」

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。