たった10秒で肌年齢を判定する超・簡単な方法とは? アメリカの人気美肌博士イチオシの究極美容法も紹介!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

skinagetest2.JPGDaily Mail」の記事より

■若さを保つイチオシの食材はザクロ(柘榴)

 肌に最も影響を及ぼすのは食生活だそうで、まずは毎日適量の水を摂取することと、糖分は肌をたるませてしまうため甘いものが好きな人は1日の総摂取カロリーの10分の1以下に抑えることを目標にする。

 若さを保つイチオシの食材はザクロ(柘榴) で、種部分に天然のポリフェノールの一種であるエラグ酸とプニカリンを多く含んでおり、美容に欠かせないビタミンCや肌のハリや弾力の源となるコラーゲンを産み出し、肌の炎症を抑える効果が優れているのだという。

skinagetest3.JPGザクロ(柘榴)の実 画像は「Wikipedia」より

 また、ほうれん草はβカロチンやルテインを含んでいるが、これらふたつの成分は酸化を防ぐ役割がもあるため、肌の弾力維持や疲労回復に優れているのだそうである。スイカもビタミンCやリコピンが豊富で肌のくすみを取り除いてくれるのでお勧めだという。

 ザクロは中々入手しにくいので、エラグ酸を同じく多く含んでいるイチゴ、ラズベリー、クランベリー、ブドウなどから摂取するのも良いかもしれない。ただし、果糖も糖分なので摂取量は多くなり過ぎないよう注意が必要である。

  その他には、肌の老化を早める喫煙や過度の日焼けや飲酒を避けてじゅうぶんな睡眠を取ること、つまりは健康的な生活を意識することが大切ということだ。最近肌の疲れを感じている人はできるところから実践してみてはいかがだろうか。
(文=Maria Rosa.S)


参考:「Daily Mail」、「Metro」、ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ