米国新型核爆弾「B61-12」の殺傷力が史上最悪すぎる…! オバマのノーベル平和賞はどこへやら、核戦争に一直線!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
dangerousbomb2.JPG 「Daily Mail」の記事より

■今後は核兵器の使用が現実的な選択に入る

 B61-12は、TNT爆弾300トン~5000トン分相当の核出力の間で調整可能だ。TNT爆弾300トン相当というと、かつて米軍により広島に投下された「リトルボーイ」の約2%の核出力である。

 米ジョージタウン大学のキアー・リーバー氏と同ダートマス大学のダリル・プレス氏によるシミュレーションによると、米軍が中国のICBMサイロ(大陸間弾道ミサイルを格納する建築物)に対して既存の核兵器を用いて攻撃を試みた場合、300万人~400万人の犠牲者が予想されるという。

 一方、B61-12のような低威力の兵器が使用された場合は、わずか700人の犠牲者しか予想されていない。これは実に恐るべきことで、1940年代以来、私たちは初めて、核兵器が現実的に、そして“カジュアルに”攻撃選択肢に入る世の中に突入しつつあることを意味しているのだ!

dangerousbomb3.JPG 「Daily Mail」の記事より

 昨年トランプ政権が発足して以来、米国の軍事予算は上がる一方でとどまるところを知らない。B61-12が物議をかもした理由の一つにその超高額な開発費用があったが、もはやその障壁も完全に取り払われてしまったようだ。現在も米国は2020年3月の初回生産を目標に着々とこの悪魔的兵器の研究・開発を進めている。
(文=池上徹)

参考:「Daily Mail」、「Warrior」、「Mother Jones」ほか

関連キーワード

コメント

3:匿名 2018年9月12日 08:43 | 返信

いい話だ。もっとやってほしい。悪魔は中ロ韓北だろう。

2:匿名 2018年5月4日 21:26 | 返信

精度が2倍に上がれば核出力は1/8で済むわけですよね? 5倍なら1/125になる。
つまり、目標以外で無差別に破壊してしまう面積が減少するってことですよ?
なんで悪魔的なの?

1:匿名 2018年3月21日 00:45 | 返信

北朝鮮やロシアといった悪意に満ちた敵性国家が存在する以上、核兵器を抑止力に留めずに戦術的兵器として実戦投入することが求められているのだ。
これは地球平和を守るための兵器であって悪魔的兵器ではない。
悪魔的兵器とはロシアの兵器のことだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。