北朝鮮が水爆実験すると10日後に“日本終了”が判明! 出血、がん、脱毛、嘔吐…「核の雲」はこうして拡大する!【緊急警告】

■北朝鮮は本当に水爆を保有しているのか?

北朝鮮が水爆実験すると10日後に日本終了が判明! 出血、がん、脱毛、嘔吐…「核の雲」はこうして拡大する!【緊急警告】の画像4画像は「Daily Mail」より引用

 米ジョンズ・ホプキンス大学が運営する北朝鮮分析が専門のウェブサイト「38 North」によると、北朝鮮が23日に行った7回目の核実験で使用された爆薬量は、広島型原爆の16倍以上、250キロトンに相当すると見積もられているが、北朝鮮は本当に水爆を保有しているのだろうか? カク氏の意見を見てみよう。

「現在、北朝鮮が本物の水爆を持っているとは思いませんが、いずれ持つようになることは疑いありません。同じことは60年代の中国にも言えます。人々は『中国が水爆を持つなんてありえない』と言っていましたが、今や中国は水爆を保有しています。ですから、北朝鮮が水爆を今持っていないとしても、いずれ持つものだと考えて対応しなければならないのです」(ミチオ・カク氏)

 10月10日の「朝鮮労働党創建記念日」の前には、新たな弾道ミサイルが発射される可能性もあるといわれているが、もし北朝鮮が核実験を行った場合、米朝が戦争に突入する可能性もあり、もちろん我が国にとっても他人事ではない。果たして、北朝鮮に水爆実験をする意思があるかどうかは計りかねるが、カク氏が言うように“いずれその時が来る”ことはゆめゆめ忘れないでおきたい。
(編集部)


参考:「The Telegraph」、「Daily Mail」、ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ