選ばれし3%の人しか持っていない“X印”手相が最強すぎる! 「偉業で歴史に名を残す」運命にあることが200万人調査で確定(最新研究)

「手相」は東洋の占いというイメージが強いが、実は西洋には12世紀から「Palmistry(パーミストリー)」と呼ばれる手相術があった。今回はその手相のちょっと変わった話題をお伝えしたい。

選ばれし3%の人しか持っていないX印手相が最強すぎる! 「偉業で歴史に名を残す」運命にあることが200万人調査で確定(最新研究)の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

■全人口のわずか3%が持つ「X印」とは

 古代の科学である手相術はヒンドゥー・ヴェーダ占星術にルーツを持つ。「Palmistry(パーミストリー)」はインドが発祥の地で、その後チベット、中国、エジプト、ペルシャ(現在のイラン)を経て世界中に広がったと考えられている。

 エジプト学者たちの中には、マケドニアのアレキサンダー大王は手のひらに変わった印が付いていたという意見を唱える者がいる。両方の手のひらにX型の線があったのだ。偉大なリーダーであったアレキサンダー大王はそもそも手相術に深い興味を持っており、彼の動きはすべて手相に沿って計画されていたというのだ。

 このX型の線を仮に「X印」と呼ぶが、これを持つ人は非常に少なく、全人口のわずか3%に過ぎないといわれている。

選ばれし3%の人しか持っていないX印手相が最強すぎる! 「偉業で歴史に名を残す」運命にあることが200万人調査で確定(最新研究)の画像2Witty Feed」の記事より

 モスクワのSTI大学の研究者たちは、このテーマを分析するため200万人を超える人々を調査し論文を発表した。そして、その研究でX印をどのような人が保有し、その人の運命を決定づけているかを報告している。

 この研究では生存者と死者の両方が調査対象とされ、手のひらに珍しいX印がある人たちには1つの共通点があることがわかった。それは、X印を持つ人々は、何らかの偉大な功績を成し遂げて、代々人々の記憶に残るということだ。

選ばれし3%の人しか持っていないX印手相が最強すぎる! 「偉業で歴史に名を残す」運命にあることが200万人調査で確定(最新研究)の画像3Witty Feed」の記事より

 これらの人物は専門分野における著名な組織のリーダーか、あるいは名の知れた個人であるという。また、片手だけにX印がある人物は生きている間に有名になり、両方の手のひらにX印がある人物は、死後も歴史に名前が刻まれるとも報告している。

 この印を両方の手のひらに持つ人物には、先に挙げたアレクサンダー大王、そして第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーンがいる。そして現存する人物では、ロシアのリーダーであるプーチン大統領もこの印を持つ。オバマ前大統領も多くの写真を見ると、この印を持っていると思われる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ