来年1~3月に、中国の衛星「天宮1号」が制御不能で東京落下→日本壊滅の可能性! 欧州宇宙機関が緊急警告「100キロ級のパーツが次々落下」

関連キーワード:

,

,

【ガチ悲報】来年1~3月に、中国の衛星「天宮1号」が制御不能で東京落下→日本壊滅の可能性! 欧州宇宙機関が緊急警告「100キロ級のパーツが次々落下」の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 2011年に打ち上げられた中国の宇宙ステーション(軌道上実験モジュール)「天宮1号」は、2016年9月に制御不能状態に陥り、2018年の1月~3月にかけて地球に落ちてくるといわれている。これまで落下地点は明らかにされてこなかったが、遂に落下の危険がある範囲が特定された。なんと、東京にも落下する危険があるというのだ!


■日本列島の大部分に落下の危険

 英紙「Daily Mail」(9日付)によると、未だ詳細な落下地点は不明とのことだが、欧州宇宙開発機関(ESA)の予想では、北緯43度~南緯43度の範囲に落ちることはほぼ間違いないという。この範囲には、ニューヨーク、マドリッド、シドニー、ニューデリー、そして東京といった大都市が含まれている。さらに恐ろしいことに、日本に限って見てみれば、北海道南部から本州、沖縄まで日本列島の大部分に落下する可能性があるのだ。

【ガチ悲報】来年1~3月に、中国の衛星「天宮1号」が制御不能で東京落下→日本壊滅の可能性! 欧州宇宙機関が緊急警告「100キロ級のパーツが次々落下」の画像2落下予測範囲「Daily Mail」より引用

 天宮1号は大気圏突入時に機体がバラバラになり、一部は燃え尽きるといわれているが、100kg以上のパーツが地上に落下するとも指摘されている。ほとんどは海や無人の土地に落下すると楽観的な予測が立てられているものの、何度も言うように具体的な落下地点は未だ予測できていない。我が国にも鉄の塊が降ってくる可能性は十分にあるのだ。

【ガチ悲報】来年1~3月に、中国の衛星「天宮1号」が制御不能で東京落下→日本壊滅の可能性! 欧州宇宙機関が緊急警告「100キロ級のパーツが次々落下」の画像3画像は「Daily Mail」より引用

「天宮1号の軌道から、北緯43度以北、南緯43度以南にパーツが落下する可能性は排除しています。つまり、天宮1号の再突入はこの範囲ならどこで起こるということです。そして、再突入のデータ、日時、地理的な詳細などの予測は大きく不確定です。再突入直前でも、曖昧な落下時間と落下地点しか計算できないでしょう」(欧州宇宙開発機関のHolger Krag氏)

 欧州宇宙開発機関は今月28日に天宮1号の再突入を分析するワークショップを開くとのことだが、具体的な落下地点を予測することはやはり困難を極めることだろう。人口密集地域に落下しないことを祈るばかりである。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ