【衝撃】24年前に生まれるはずだった赤ん坊が誕生! 生みの母親と1歳差…親子の常識が覆る時代到来!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

アメリカ

,

凍結保存

,

受精卵

,

生殖医療

 先月、米国テネシー州で、24年前に凍結保存された受精卵から赤ちゃんが生まれたことが分かった。さらに驚くべきことに、出産した母親とはたった「1歳違い」だという。この驚きのニュースは「CNN」ほか多数のメディアで報じられている。


■24年前の受精卵が赤ちゃんに

1220embryo-1.jpg
24年前の凍結受精卵から生まれた赤ちゃん。画像は「CNN」より引用

 今年11月25日に生まれたエマちゃんは、身長50cmに体重2.9kgの健康な赤ちゃんだ。一見すると可愛らしいごく普通の赤ちゃんであるが、彼女はある世界記録を携えて生まれてきた。エマちゃんは1992年10月4日に凍結された受精卵から生まれたのである。母であるティナ・ギブソンさんは出産時25歳。つまり、受精卵は生みの母親がたった1歳の時に保存されたものなのだ。

 エマちゃんの父ベンジャミン・ギブソンさんは不妊の原因となる嚢胞性線維症という難病を抱えており、夫妻は養子縁組を考え始めた。初めはただ養子を迎え入れることを考えていたが、不妊治療で余った受精卵を凍結保存し、子供を望むカップルに提供する仕組みがあることを知り、受精卵の養親となることを選んだのである。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年12月21日 23:53 | 返信

なんて可愛いんだろう!まるで天使

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。