ロシア政府が秘匿する「サハリンモンスター」の謎! 12年経ても特定できない海洋UMAの正体とは?

 さて、前回紹介したブロスノ湖に生息すると言われる謎の生物「ブロスノ・ドラゴン」は、ロシアに古くから語り継がれる「伝説」という要素が強く、多数の目撃情報があるだけで、その存在を示す物的な裏付けというものがまだない。

 しかし、ロシアには物的な“遺物”を人々に突き付けることで、その謎に満ちた存在をはっきりと示す未確認生物が確かに存在するのだ。今回はそんな事例をご紹介したい。


■魚類か?哺乳類か?奇怪としか言いようのない海洋生物

ロシア政府が秘匿する「サハリンモンスター」の謎! 12年経ても特定できない海洋UMAの正体とは?の画像12006年8月、ロシア極東サハリン州の海岸に打ち上げられた謎の生物の死骸。黒く見える部分が体毛である。「Cryptid Wiki」より引用

 2006年8月、ロシア東部・サハリン州の海岸に実に奇怪なものが打ち上げられた。体長は6メートル以上、全身がびっしりと長い毛でおおわれ、恐竜のような大きな口と長い顎、鋭い牙を持った生物の死骸である。

 地元住民はもとより警察や消防はもちろん、多くの学者や軍関係者、はては政府の人間までがかけつけて大騒ぎになったが、何より困惑したのはこの生物の死骸の分析に当たった海洋生物学者たちである。

ロシア政府が秘匿する「サハリンモンスター」の謎! 12年経ても特定できない海洋UMAの正体とは?の画像2反対側から見ると長い背骨がはっきり見える。体長は6メートル以上ある。「Cryptid Wiki」より引用

 竜のように体が縦に長いので魚の一種か、或いは大きな口を持つのでワニのような爬虫類かと思われたが、骨や歯の形状から魚や爬虫類でないことはすぐに分かった。言うまでもなく全身に毛の生えた魚や爬虫類など存在しない。その外観からイルカやクジラといった海洋哺乳類の可能性が高いと判断されたが、むろん全身に毛の生えたクジラやイルカなども存在しない。

人気連載

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

コロナ禍で一気に冷え込んだ日本経済。財布の紐はこれ以上ないほど固くなり、庶民は日...

2022.01.03 12:00異次元
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

ロシア政府が秘匿する「サハリンモンスター」の謎! 12年経ても特定できない海洋UMAの正体とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル