ロシア政府が秘匿する「サハリンモンスター」の謎! 12年経ても特定できない海洋UMAの正体とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

■ただの悪質な悪戯か? それとも……

sakhalin_03.jpg死骸の頭部。顎が大きく前に突き出た生物であることが分かる。「Cryptid Wiki」より引用

 この未確認生物発見のニュースは、地元サハリン州のテレビ・新聞はもとより、政府系機関紙である“プラウダ”や“イズベスチヤ”、ロシア国営放送「チャンネル1」のニュースでも取り上げられ、海外メディアもこぞって報じた。

 哺乳類でも爬虫類でも魚類でもないのならば、一体この生物は何なのか。多くの生物学者や政府関係者らが調査にあたったが、結局特定はされなかった。ただ、頭蓋骨を調べた学者はその形状が鯨によく似ていると指摘し、北極圏の海に多く生息するベルーガ(シロイルカ)の腐乱した死骸に何者かが毛で覆われた陸上の哺乳類の皮膚を乗せたものではないかという説、つまり誰かの悪戯ではないかという説も唱えられたが、しかしそのような大きな獣の皮膚を海岸まで持ってくるにはかなりの労力が必要なはずであり、誰が何の目的でそんなことをしたのかという点がまるで解せない。結局「サハリンモンスター」もしくは「サハリンシーウルフ」と名付けられたこの死骸の正体は、今日に至るも謎のままである。

関連キーワード

コメント

4:匿名 2018年6月2日 10:00 | 返信

scp-682でしょ

3:匿名 2018年3月3日 02:42 | 返信

ちゃんと調べる気がないだけ…イルカに見えるけど。

2:匿名 2018年3月3日 02:12 | 返信

ロシアは広すぎる上に人類未踏の地が多すぎ。

1:匿名 2018年3月3日 01:20 | 返信

骨格から見ると頭部など、シロイルカに似ている。
海からの漂着生物でたまに言われるのが、腐敗した体で筋繊維が残って、毛のように見えるんじゃないか、という説明。それが正しいのか、よく分からないのだけれどもね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。