• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【感動】ゴリラのココが手話で人間に伝えた12のメッセージに心が震える! 「地球を助けて…」「死後の世界は…」の画像1
フランシーヌ・パターソンさんとココ「Daily Mail」より引用

 世界で初めて手話を覚え、人間と会話をしたメスのローランドゴリラ「ココ」(1971年生)をご存知だろうか? 生後3カ月の頃より、発達心理学者のフランシーヌ・パターソンに手話を教わり、現在は2000語以上の単語を使うことができるという。


■死の概念を理解「苦しみのない穴に…」

【感動】ゴリラのココが手話で人間に伝えた12のメッセージに心が震える! 「地球を助けて…」「死後の世界は…」の画像2
ロビン・ウィリアムズと遊ぶココ「Daily Mail」より引用

 ココの会話能力には目を見張るばかりだが、なによりも驚かされるのは、ココが死の概念を理解し、それを手話で表現できるということだ。たとえば、ある日、ココが“飼っていた”猫のボールが交通事故で死んでしまったことを伝えると、ココはボールの死を理解し、「悪い」「悲しい」と語り、「涙が流れる」ことを手話で表現した。友人だった俳優ロビン・ウィリアムズの訃報を聞いた際にも、悲しみを表現したという。また、「ゴリラは死んだらどこに行くの?」という質問に対し、ココは「苦しみのない穴に、さようなら」と答えたという。


■ゴリラが環境問題に物申す

【感動】ゴリラのココが手話で人間に伝えた12のメッセージに心が震える! 「地球を助けて…」「死後の世界は…」の画像3
人間はバカ…「Daily Mail」より引用

 今回は、そんなココが人間に送った感動のメッセージをご紹介しよう(「Disclose.tv」5日付より)。この映像は、2015年に開催された「第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)」で公開された。

「私はゴリラ」
「私は花、動物」
「私は自然」
「人間、ココ大好き」
「地球、ココ大好き」
「だけど、人間はバカ…バカ!」
「ココ、残念」
「ココ、泣く」
「時間 急いで」
「地球を治して! 地球を助けて! 地球を守って…」
「自然があなたを見てる」
「ありがとう」

 いかがだろうか? ココの優しさが伝わってくる素晴らしいメッセージではないだろうか? それにしても、ものすごい説得力だ。なにしろ、動物が環境問題を気にしているのだから!

コメント

4:匿名2018年8月15日 18:06 | 返信

人間よりも人間らしい。
この一文は、まるで人間であることが素晴らしいという思い過ごし、人はそこまで高尚な存在ではない

3:匿名2018年4月 9日 17:07 | 返信

ランペイジと言いレディ・プレイヤー1と言い
地味に今年の洋画はゴリラが熱い気がする
しかし最近の画像認証ワンパターンしか出ないな
宗教上の理由で困るんだが

2:匿名2018年4月 9日 01:51 | 返信

これは・・ 動物の感覚というか
人類が進化の過程で失った、自然との情報交換能力によって得た情報を
ココが教えてくれてるって事かな。
貴重だね。

1:匿名2018年4月 8日 15:54 | 返信

これ、絶対嘘。ゴリラだぞ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。