【朗報】NASAが超巨額の「エイリアン探索資金」を25年ぶりに獲得へ!? 米議会もガチで“宇宙人推し”、ついに出会いの時が来た!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
nasab_01.jpg
画像は「Live Science」より引用

 米議会がNASAの地球外生命探査に多額の研究資金をつけることが明らかになった。地球外生命探査を目的とした研究資金の付与は実に25年ぶりのことだという。

 科学ニュース「Live Science」(5月10日付)によると、NASAの地球外生命探査が始まったのは1992年、プエルトリコと米カリフォルニア州に2基の電波望遠鏡を設置した時に遡る。しかし、わずか1年後に、当時ネバダ州選出の上院議員だったリチャード・ブライアン氏の脅し(「NASAがもし地球外生命探査に戻るようなことがあれば、それはNASAの予算にとってよろしくない結果を招くだろう」)により、計画が頓挫。それ以来、NASAによる地球外生命探査はご法度となってきたそうだ。

 だが、この度、地球外から届く電波を含めた技術的痕跡(techosignatures)を探査するための2年分の予算として1000万ドル(約11億円)の研究資金をNASAに与える法案が米下院に提出されたのだ。

「もしこの法案が通れば、1993年にNASAの地球外生命探査を終わらせたブライアン上院議員以来続いてきた議会の態度を大きく変えることになるでしょう」

 米著名天文学者のジル・ターター氏はそう語っている。もちろん、非営利組織SETI協会を始めとした地球外生命探査は民間レベルでは世界中で続いてきたが、やはり米政府からの資金援助は研究を進める上で大きなブースターとなることは間違いない。

関連キーワード

NASA
SETI

コメント

1:匿名2018年5月13日 10:03 | 返信

まずは宇宙人が振り向いてくれるだけに文明力を向上させるべきだろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。