アメリカ・デンバー空港の「5つの陰謀論」がガチ闇すぎる! 地下トンネル、ナチス、フリーメイソン、新世界秩序…

アメリカ・デンバー空港の「5つの陰謀論」がガチ闇すぎる! 地下トンネル、ナチス、フリーメイソン、新世界秩序… の画像1画像は「Wikipedia」より引用

 アメリカ合衆国コロラド州にあるデンバー国際空港。商用空港としてアメリカ最大のこの大空港には以前から多くの謎が隠されていると噂されてきた。「Mysterious Universe」などを参考に5つの陰謀論をご紹介しよう。


■地下トンネル

 デンバー国際空港の開港は93年10月31日に予定されていたが、4度の延期を経て最終的に開港したのは95年の2月28日のことだった。当初17億ドルと見積もられていた建設費用は、その間に45億ドルにまで膨れ上がっていた。

 この大幅な遅延と建設費の増大を怪しむ人は少なくなく、空港の地下に秘密の施設を建造したのではないかと噂されていた。そして実際にデンバー空港の地下には7000フィートの巨大トンネルが存在することが明らかになっている。

 このトンネルは貨物の輸送やインフラ整備のために建造されたとされているが、地下トンネルを走る電車に乗った人によると、その構造はまるで迷宮のようで、一部の箇所は不自然に大きかったという。

 そこでまた別の陰謀論が唱えられるようになった。このトンネルは、デンバー空港から100マイルほど離れた北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)に繋がる巨大な地下シェルターかもしれないというのだ。


■不気味な馬の像

アメリカ・デンバー空港の「5つの陰謀論」がガチ闇すぎる! 地下トンネル、ナチス、フリーメイソン、新世界秩序… の画像2画像は「Mysterious Universe」より引用

 デンバー空港の正面には目から赤いレーザー光を放つ青白い馬の像、通称「ブルーマスタング」が設置されている。見た目も恐ろしいが、製作者が建設中にこの像の下敷きになり亡くなったと言われており、呪われた像としても有名だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ