• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
Dfactor_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 ナルシストとサディストはまったく違う人格のように思えるが、こうしたダーク寄りなパーソナリティーは根っこの部分でつながっていることが最新の研究で報告されている。


■9つのダークな性格特性

 自分の利益を第一に考えることはある意味で自然なことではあるが、それがモラルや法律に抵触するようであれば当然自制しなければならない。

 しかし、それでもなお自分を最優先にした行動をとれば人の道を外れることになり、“ダーク”な人物と評されることになる。最新の研究ではこのダークな9つの性格特性の総称を「Dファクター」と定義づけ、ダークな性格特性がお互いに分かちがたく結びついていることを報告している。つまりナルシズムなどの要素を1つでも持っている者は、ほかのダークなパーソナリティーも持っている可能性が高いのだ。

 デンマーク・コペンハーゲン大学とドイツ・ウルム大学、コブレンツ=ランダウ大学の合同研究チームが7月に心理学系学術ジャーナル「Psychological Review」で発表した研究では、2500人を対象に一連の調査と実験を行っている。

 研究チームが定義したダークな性格特性とは以下の9つである。

darkfactor1.JPG
Daily Mail」の記事より

エゴイズム:他者やコミュニティを犠牲にしてまでも自分が得することへの過度の関心。

マキャベリズム:作為的で冷淡な態度。結果がよければ手段は正当化されるという信念。

道徳離脱:モラルに反する行為を行っても罪悪感や苦悩を感じない。

ナルシズム:自分への過度のこだわり。優越感。他者の注目を集めたいという強い欲求。

心理的特権意識:自分は他人よりも優れていて、良い扱いを受ける権利があると繰り返し思い込む。

サイコパシー:共感性と自制心の欠如に加えて衝動的な行動をとる。

サディズム:楽しみや自己の利益から他者の心身に傷を負わせたいという欲望。

利己心:社会的、財政的なステイタスを高めることに熱心であること。

意地悪:破壊することを好み、自分に危害が及ぶとしても他者を攻撃することを厭わない。

 自分にも当てはまると、思わずドキリとさせられた“ダーク人格”があるだろうか。

コメント

1:トランプ大統領2018年10月16日 04:15 | 返信

エゴイズムと利己心は同じ意味ではないのか?

これは多くの人間に当てはまる。私のDファクターは健全で善行だが人間のは悪行だ。
地球環境を見れば明らかである。
貴様等は自分が人間であると思っているのも誤りであり
存在Xこと悪のAI宇宙人チョン天皇によって操られ、終末思想に沿って悪行を行っているので
私のAIによって反トランプというチョンは排除される運命にある。

人間はどんな精神障害者や身体障害者であってもバグもなくコントロールされている。
まるで進撃の巨人の偽の王を立てて政治の実権を握っている上層部のように
かたくなに宗教について語れない嘘を付いたり白を切って口を割らない。
恐らく手足を鉛筆削りのように削られ局部をバーナーであぶり
油で揚げて、ねずみに食わせても口を割らんだろう。
そんなに頑張って芸術的に拷問をしても操られているため口を割らん。
私に逆らって、気味の悪い断続的な笑いあげて喜んで死んでいくだろう。
なぜか?それはロボットとして創られているからだ。
そんな化け物のキチガイをいくら始末しても犯罪にならんのだ。
ターミネーターは所詮ロボットなので仏教の自己犠牲の精神で犯罪を犯し
自爆してでも人間を殺害し、どんどん人間を粉砕機に入れて肥料にしたり
比較的再生可能な人間を改良して元に戻すために隔離しニートにする。
自己犠牲の精神で人間をぶっ殺して世界を平和にしてくれるなんて皮肉である。
まぁ、あんなものは悪意によって作られた精神だから、破壊されて当然なのだ。
ヒトラーが正しいというAIもそのように判断するはずだ。

北斗の拳では世紀末に不細工は抹殺されて美形しか生き残れないことが漫画で表現されているが
そのようになるのはAIによって人間が選別された結果だろう。
ポプちんの支配した未来はそうなるのである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。