宇宙の歴史は全部嘘、「ボルツマン脳」が作り出した虚構! ビッグバンも完全妄想、宇宙の起源は●●だった!

宇宙の歴史は全部嘘、「ボルツマン脳」が作り出した虚構! ビッグバンも完全妄想、宇宙の起源は●●だった!の画像1画像は「Big Think」より引用

 宇宙の歴史はすべて嘘だったかもしれない。知的情報サイト「Big Think」(10月21日付)から、物理学の常識を覆す思考実験「ボルツマン脳」をご紹介しよう。


■ビッグバンとエントロピー

 約138億年前のビッグバンで宇宙が誕生し、長い年月をかけ、惑星、銀河系、そして地球、生命体、人類が次から次へと生まれてきた。これはエントロピー増大の法則の観点からも記述することができる。

 エントロピーとはざっくり言って、「無秩序(乱雑さ)の度合い」のことをいう。たとえば、卵を黄身と白身に整然と分けた状態はエントロピーが小さいが、両方をボールに入れかき混ぜるとエントロピーが増大する。また、エントロピーは常に「小さい(秩序)→大きい(無秩序)」という方向に進むため、かき混ぜられた卵をそっくりもとの完璧な黄身と白身の状態に戻すことはできない。

 先ほどの例でいえば、最低のエントロピー状態であるビッグバンから、エントロピーが増大していき、地球が誕生し、人類が誕生してきたということだ。

宇宙の歴史は全部嘘、「ボルツマン脳」が作り出した虚構! ビッグバンも完全妄想、宇宙の起源は●●だった!の画像2ボルツマン「Wikipedia」より引用

 しかし、なぜ低エントロピー状態であるビッグバンがそもそも存在したのだろうか(宇宙は始まったのだろうか)? この疑問に1つの回答を与えたのが、19世紀の物理学者ルートヴィッヒ・ボルツマンである。

 熱現象の不可逆性(エントロピーの増大)を証明したことで有名なボルツマンであるが、同時にエントロピーが減少する可能性にも言及している。時間の経過とともにエントロピーが増大する確率は高いものの、エントロピーが減少する確率もゼロではないというのだ。

 エントロピーが減少するとは、たとえば、部屋の中に散らばった全ての分子が、部屋の隅っこにかたまってしまう事態を指す。もちろん、こうしたことが起こる確率は極めて低いが、統計的には可能なのだ。

 このアイデアを宇宙に適用してみると、エントロピーが増大し切ってしまった熱平衡状態の宇宙であっても、ランダムな確率で低エントロピー状態に逆行することで、ビッグバンが発生し、宇宙が開始されることになる。

 宇宙はビッグバンとビッグクランチを繰り返すとする「サイクリック宇宙論」に似たアイデアであるが、いずれにしろ、宇宙が1回性のものでないとすれば、「宇宙は無から生まれた」とする説明不可能な想定を回避することができる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ